お見合い結婚では男性の年収が大切

恋愛結婚とお見合い結婚

恋愛結婚では先に「恋に落ちます」から、相手の年収や学歴の高低は、さほど結婚の妨げ気にはなりません。実際「夢を追う彼が好き」という女性が、音楽やお芝居に打ち込んでいて、まだ芽が出ず収入がないという男性を養っているケースも少なくありません。

しかし、「お見合いでの結婚」となると話しは別です。

年収が問われるお見合い結婚

お相手を選ぶのに参考にするものは、学歴や年収、職業、家族構成などが記載された「釣書(身上書、プロフィール書)」と「写真」を元に「会って見たい人=お見合いしたい人」を選んでいきます。

登録されているたくさんの会員さんの中から「私」が選ばれるためには、「目を引く写真」と釣書の内容、特に男性は「年収」、女性は「年齢」が決め手となっていきます。

検索されない=存在していない?!

特に、お相手をお探しするWebシステム(=ネット検索)で検索する場合、年収「400万以上」と数字を入れますから、「400万以上」と検索した場合、399万以下の方は検索されません。
399万でしたら私は400万と登録して差し上げますが、370万円の方をさすがに400万とは登録できません。それは「詐称」になりペナルティとなりますので。

まずは「大台に乗る」よう努力しましょう。
370万でしたら副業して400万にすると「400万以上」の検索にヒットされます。

年収の相場

ところで、年齢が高ければ年収も比例して高くなるものですが、独身男性の平均年収は400万円(税込)です。年代別の目安の年収は30代でしたら300万円台、50代でしたら500万円台です。それ以上ある方はいいのですが、そうでない場合、学歴や身長など他の項目でカバーできれば良いですが、少しでも年収を増やす努力も大切です。

結婚は生活です。共働き前提で結婚しても奥さんが妊娠・出産でお仕事ができなくなった場合(都心ではお子さんの預け先がなかなかない場合も多いです)、旦那さんの収入が頼りですから、女性が男性の年収にシビアになるのは致し方ないことです。

年収と年下の女性

さらに、男性は「自分より年下の女性」を好みます。結婚相手の希望としていくつになっても「自分の子どもを産んで欲しい」と願う男性は多く、男性の年齢によっては一回り(かそれ以上)年下の女性を求める男性も少なくありません。

お見合いを申し込んだところで、実際、何歳年下の女性からOKがくるのでしょうか?
目安があります。それが、「1歳100万円の法則」です。
例えば、「10歳年下の女性を望む」場合、年齢差(この場合は10歳)×100万円=1000万円の年収があれば、10歳年下の女性からOKが来る可能性が出てきます(絶対ではありません)

いかがでしょうか?結婚相手として希望する年齢の女性からOKのお返事が来そうでしょうか?

選ばれるために

婚活は、「選ぶ」ということばかりにとらわれがちですが、実は、「選ばれる」という観点がもっとも重要なのです。選ばれるためにはどうしたら良いか、という視点から婚活に取り組むことが、残念ながら多くの方々が陥っている「婚活をしているつもりが婚活になってない」という状況を回避し、より成婚へと近づくことが出来るのです。

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい