どうして私は「お見合い料」をいただかないのか

お見合いするのにお金がかかる?

結婚相談所でかかる費用として、毎月頂戴する月会費の他にお見合い一回につき5,000円とか10,000円を「お見合い料」としていただいている相談所もあるようです。

会員さんのお見合いを組むためには、会員さんからのお申し込みを取り次いだり、日時や場所の調整、当日の立ち会いで出向く交通費や割かれる時間など、すべき業務はいろいろあるのでそれぐらい頂戴するのが普通なのかもしれません。

でも、私が婚活者だったら・・・

一見、タイプでない男性からお見合いのオファーをいただいた場合、「この人に会うのに5,000(10,000)円払うのはもったいないので、会いません!」となり、結局、在籍期間中(2年が多いでしょうか)に誰ともお見合いをしなかった!!ってことになるでしょう。

という理由から当会は「お見合い料」をいただいておりません。

当会はお見合い料は無料です

実際、写真では、「え~?!この人に会うんですかぁ?ミタさん」と言ってたのに、会ってみたら「すごくいい人でしたぁ 」と交際→成婚!ということが少なくありません。また、釣書はいわゆる「3高」でも、実際会ってみると「上から目線」、「カフェの店員さんへの態度が横柄」だったりして、条件で選んでもその人のお人柄が良いか悪いかは、合(会)って見ないとわからないものです。

結婚相談所でのお見合いは、「自分が申し込んだ人が受諾下さり会う場合」と「自分を選びお見合いを申し込んで下さった方と会う場合」と二通りありますが、後者の場合もぜひ、会っていただきたいです。もちろん、無理強いはしませんが、せっかくたくさんいる会員さんの中から「私」を見つけて選んでくれたのですから。

「結婚したい」人しか、結婚相談所にはいません。ですから、出会って相性が合えばすぐ結婚です。「相性が合わない」「価値観が合わない」と思ったら、またお見合いをしていきます。二股交際は禁止ですが、交際中のお見合いは何度でも可能です。

お見合い料がかからないから、ちょっとでも「会って見たい」と思ったらどんどん会えますね。フットワーク軽くどんどんお見合いしましょう。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい