「若い女性と結婚したい」

「50代だけど子供が欲しい」

このような思いを抱えている男性も多いのではないでしょうか。

芸能人やスポーツ選手が一回りも年下の女性と結婚したというニュースはよく見かけますが、実際にあなたの身近にいる50代の男性が20代女性と結婚したという話はを中々聞いたことがありませんよね。

これは50代の男性が若い女性と結婚するにはお金が必要だからです。

「女性はやっぱりお金を見てるんだ…」と思われるかもしれませんが、まさにその通りといえます。

この記事では子供が欲しい50代の男性が若い女性と結婚するにはどうすればいいのかということについて解説していきます。

50代男性が若い女性と結婚するにはお金が必要

50代の男性が子供が産めるほどの若い女性と結婚するには先ほども述べたようにお金が必要となります。

若い女性の周りには当然若い男性がいて、50代のおじさんは相手にされないからです。若い女性にとって50代の男性は父親と同じ年齢でそもそも恋愛対象にすらなりません。

しかし、あなたがお金を持っているのであれば若い女性と結婚できる可能性はあります。

お金の面に関して以下の2つを満たしているかを確認しましょう。

  • 授かった子供を養えるだけの収入があるか
  • 婚活業界の「1歳=100万円」の法則を満たしているか

授かった子供を養えるだけの収入があるか

授かった子供を養えるだけの収入があるかを確認してください。

男性に子孫を残したいという本能があるように、女性には子供を守るという本能があります。

たとえば子供を産んだ女性には「ひもじい思いはさせたくない」「豊かな生活を送らせてあげたい」「子供の才能を伸ばしてあげたい」という考えが浮かんでくるようになるでしょう。

また、女性は妊娠・出産で働けなくなる期間が年単位であり、その間に衣食住の心配をすることがない生活を望みます。妊娠・出産中にも関わらず明日食っていけるかも分からない人と結婚したいとは思いません。

子供を育てる上で不安にならない収入がなければ若い女性と結婚することは難しいでしょう。

婚活業界の「1歳=100万円」の法則を満たしているか

結婚相談所におけるお見合い結婚では、例えば、男性35歳で女性が30歳という「4~5歳差カップル」が多いです。これが「釣り合い」が取れている結婚です。男性の年収が700万でしたら6~7歳年下の女性とカップルになることも可能です。

婚活業界には「1歳=100万円」という法則があります。

この「1歳=100万円」という法則は、「年収100万円につき1歳年下の女性と釣り合いがとれる」というものです。たとえば50歳の男性が30歳の女性と結婚をしたい場合には、年収2,000万円が必要ということになります。

年齢が高いデメリットをお金でカバーするイメージです。

子度を育てるには責任とお金が必要ですお金がなければ子供に栄養のあるご飯を食べさせられませんし、教養をつけさせるために習い事や子供にあった校風の学校に通わせる、子育てに最適な環境で育てることもできません。

また、お金は心の余裕にもつながっています。

出典によっても異なりますが、夫婦喧嘩の原因の1位は「お金」もしくは「家事」のどちらかです。お金がなく、運よく若い女性と結婚できたとしても喧嘩ばかりのつまらない結婚生活となる可能性があります。

お金がない50代男性でも若い女性と結婚する方法

先ほど50代男性は、お金がなければ若い女性と結婚できないと述べました。

しかし、お金がない50代男性でも収入以上の魅力があれば若い女性と結婚することは可能です。

たとえば、年齢よりも若く見える容姿やスタイルを持っていたり、コミュニケーション能力が高かったりということが挙げられます。

お見合い結婚では「写真と釣書の内容から、相手を選ぶ」という特性上、いくらお人柄が良くても、会ってもらえないことには(=お見合いが組めないことには)始まりません。

釣書とは、お見合いをする者同士が交換する「身長や年齢、年収などが記載されたもの」のことです。50代でお金がない場合には自分磨きを徹底して若い女性から見ても魅力的に映るよう心がけましょう。

お金も魅力もない50代男性が狙うべき若い女性

お金がなく魅力もない50代男性が出産可能な若い女性と結婚するのは難しいと言わざるを得ませんが、それでも若い女性がいいという方は「婚歴がありお子さんを持っている女性」を狙いましょう。

婚歴がありお子さんを持っている女性は、初婚にこだわる男性が多い婚活市場の中で狙われにくいという特徴があります。そのためお金も魅力もない50代男性でも若い女性と結婚できる可能性があるのです。

離婚歴のある女性を「性格的に難ありだから離婚したのでは?」と偏見を持たれている男性が一部いますが、離婚の理由は様々です。たとえば元旦那が不倫したとか、結婚してみたらDV夫だったということもあります。

むしろ、離婚という大変な経験をされているからこそ、人の心の痛みがわかる女性が少なくありません。

また、シングルマザーには、公的な補助があるといっても、低賃金で必死に子育てをしている女性がたくさんおられます。

低賃金で子育てをしている女性にとっては、たとえ収入が少なくても一緒に働いてくれる男性がいるというだけでも、精神的に安心できるものです。

ご自分の子どもでなければ、自分が稼いだお金を使う気にはならないということでしたら、既に独立されているお子さんがいる女性を探すのも良いでしょう。当会員専用検索システムでは「婚歴あり・なし」「子どもあり・なし」などの検索が可能です。

50代男性が若い女性と結婚したい場合によくある質問

50代男性が、若い女性と結婚したい場合に、よくある質問についてまとめてみました。

婚活を始める前に目を通しておくようにしましょう。

  • どれくらいの年収があれば若い女性と結婚できる?
  • 子供を産むのに問題ない女性の年齢は?
  • 子供を育てるのに必要な費用は?

どれくらいの年収があれば若い女性と結婚できる?

50歳の男性が30歳の女性と結婚するには年収2,000万円が必要です。

これは婚活業界で言われている「1歳=100万円」の法則によって算出されています。

「1歳=100万円」という法則は、「年収100万円につき1歳年下の女性と釣り合いがとれる」というものです。

十分な収入がない場合でも、年齢よりも若く見える容姿やスタイルを持っていたり、コミュニケーション能力が高いなど、収入以上の魅力がある場合には問題ありません。

子供を産むのに問題ない女性の年齢は?

子供が欲しいのなら女性の年齢にも気を使う必要があります。

女性は年齢が高くなるにつれて妊娠する可能性が低くなるからです。

女性ホルモンの分泌は20代から30代前半に最も多く分泌され、30代後半になると徐々に女性ホルモンの分泌が少なくなるため、妊娠の可能性も低くなります。

37~8歳以降で授かる方もおられますが、年齢が上がるにつれ生殖医療の手を借りるケースも必要となってきます(筆者は不妊治療を受け39歳で出産)生殖医療は高額です。

子供が欲しい場合には、30代前半までの女性を探すようにしましょう。

子供を育てるのに必要な費用は?

進学にもお金は掛かります子供を育てるのに必要となる費用を知りたいという男性も多いです。

少し古いデータにはなりますが、AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」によると出産から22年間の養育費は合計で1,640万円が必要であるとされています。

消費税や物価など現在とは異なるものも多いため、参考程度に捉えるようにしてもらうと良いでしょう。

まとめ

50代男性が若い女性と結婚するにはお金が必要です。

お金を持っていない場合にはファッションセンスがステキ、会話が面白い、若々しい外見など、収入に代わる能力があれば「恋愛結婚」できる可能性があります。

お見合い結婚は「釣り合い」が取れた結婚であることをお忘れないようにしてください。