交際中のお泊り(婚前交渉)は自己責任で

結婚相談所における「お泊り」の見解

仲間の仲人より、年に数回聞く「困った話」を先日聞きました(当会での出来事ではありません)

交際中のふたりのデートが遅くなり、男性が自分の自宅へ泊っていくように女性に言い、そのまま男性の自宅へ上がり関係を持ちました。

女性側の言い分:「無理やり乱暴されました。」交際中のお泊り
男性側の言い分:「合意の上です。」

これ、仲人はどうすることもできません。
女性の言い分が本当だとすれば犯罪です。相談先は警察や弁護士です。

その後、女性が警察に行かれたのかはわかりませんが、結局、どちらも交際を解消し退会してしまったそうです。この問題は、女性側が気を付けるしかなさそうです。

女性は、その気がないのなら終電に間に合うように帰宅し、密室で男女ふたりきりになるのは避けたほうがいいですよね。うちの会員さんたちは大丈夫だと思いますが、自分の言動が招く結果を予測できない大人は困ります。

女性の皆さん、これから、妻になって母になっていく方もいるでしょう。将来、娘さんに教えてあげないといけないのです。

また、恋愛経験の少ない男性は、すぐに勘違いしやすい傾向にあります。「交際に入ったから結婚だ!」「デートしているということは俺に気があるんだ!=ホテルに行こうかな」など稚拙過ぎます。自分の都合の良い様に解釈しないで、大切なお相手ならば聞いたら良いと思います。「嫌だ」と言ったら無理強いしないで下さいね。嫌われます。

「婚前交渉」は自己責任で

もちろん合意の上で関係を持つことは、当会では違反には当たりません。
大人ですからね。そういった相性を結婚前に知っておきたい方もおられますので、特段、推奨はしておりませんが、当会では大人のふたりに任せております。
ただし、お別れになった場合に「妊娠してました。どうしましょう?ミタさん」と言われても私は関与致しません。そこもお考えになったうえでお相手と交際を深めてください。

なお、結婚相談所によっては「婚前交渉」、「宿泊を伴う旅行をした場合」は「成婚退会」扱いとなる所もあるそうですが、当会では、あくまでも「成婚退会」は、「男性がプロポーズをして女性が受けた時点=婚約」です。

婚前交渉以外にも気を付けたいこと

お泊りに限らず、交際中に起きるすべてのことは自己責任です。まだ、結婚する気持ちが固まっていない段階では、高価なプレゼントは受け取らない方が無難です。
また、お金の貸し借りも後々トラブルにつながります。

結婚しようとする大人のふたりがすることを誰も責任を持つことはできませんし、当人以外の誰の責任でもありません。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。 個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1800人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。

あわせて読みたい