お見合い結婚は、会って見て始まる結婚

会って見ないと本当にわからない

会員さんの中でも「お見合いのオファーがたくさん来る人」と「あまり来ない人」がおられます。
これはもっている資源(私はそう思うことにしております)が違うので仕方がありません。釣書に書かれている年収や年齢、学歴に恵まれている方やお見合い写真が「イケメン」「美しい」とオファーがたくさん来ますね。

それは、選ぶ立場に立ったら、やはり「より良い人」から選ぶでしょうから仕方のないことです。オファーが少ない方は、こちらからどんどん申し込みを入れることです。

オファーがたくさん来る人とあまり来ない人は、戦い方が違うのです。

さて、たくさんオファーが来る方は、どなたとお見合いするかその中から選べます

写真と釣書を見て「この方が本命!」とお見合いをお受けすることにした会員さん。私も同感。お茶をする男女

ところが、お見合い終了後、次もお会いしたいかお聞きしたところ、あっさり「もういいです」とおっしゃる女性が多いでんすよね。

相手に過剰な期待を抱いてしまい、期待と違ったのでがっかりしたのでしょう。

私もお見合いに立ち会って見ると「高学歴だけどあいさつもできないんだ」と思う男性にお会いすることもあります。

しかし、この逆も多々あります。

写真では期待していなかったのに(失礼)お会いしてみるとお人柄がとても良かった!会話が弾んでフィーリングが合った!これでご成婚へ至ったカップルが多いこと!

本当に会って見ないとわからないのです。ですから、あまり、写真や釣書の細かいところにこだわらないで、おおざっぱな希望条件、例えば「年齢」が自分の希望圏内でしたら、まず、会って見て下さいね。

「年収が高い」など釣書の内容は申し分なくても会って見たら「全く会話が弾まなかった」と次へつながらないケースも多々あります。

これも仕方がないです。気に入ったお相手でしたら、会話が弾むように努力するかもしれませんし、そもそもお相手にそのような発想がないのかもしれません。

一回のお見合いではわからない

1時間程度のお見合いでは、よくわからないものです。二回、三回会って見たら「あまり話すことが得意な方じゃないんだ。でも思いやりはあるみたい」とか「私に気を使ってくれてるみたい」とわかるかもしれません。

お見合いで「生理的に受け付けなかった」ならそれは、一緒に暮らすことはできない人ですから断ったら良いと思います。

でも、そうでなければ二回、三回会って見てから「お断り」するかどうかを決めてもらいたいですね。三回会って見てピンとこないけど交際をお断りするほどでもない場合は、その交際を継続させながら(当然ながらお相手から「交際終了」のお知らせがくることもありますよ)並行してお見合いをすることも可能です。

交際しながらお見合いもできる

当会での婚活は、二股交際はできませんが、交際しながらお見合いはできます。お見合いした相手とフィーリングが合えば、交際していたお相手はお断りすることになります。その際、仲人がお断りをして差し上げますから心配しないで下さいね。本当によくできたシステムです。結婚相談所でのお見合いは、結婚に近い婚活だと確信いたします。

決めたら迷わない

「決断」とは、一つに決めるために他の選択肢を断つということです。
「もっといい人がいるかもしれない」という思いも立たなければ、いつまで経っても決められません。たくさん迷って悩んであなたが出した結果ならそれが最善です。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい