独身男性の平均年収400万円台前半

お見合い結婚は何を基準にお相手を選んでいくか

接点のない男女が結婚相談所で「お見合い」で出会い結婚する場合、何を基準にお相手を選んでいくのでしょうか?

男性は、女性をほぼ100%「写真」で選んでいます。美しく撮れている写真。
女性は、男性の「年収」と「身長」を中心に「写真」。学歴はご自分と同等程度の男性を選んでいます。
結婚は「生活」です。共働きが当たり前になったとは言え女性は妊娠出産で働けなくなる場合が多いですから、高収入(明確な定義はないですが「ハイレベル専門の結婚相談所」と謳っているところは、男性の入会資格が年収600万以上のようです)の男性を望むのは当然と言えば当然です。

日本の独身男性の平均年収

しかし、今の日本の現実は、独身男性の半数近くが年収400万円台前半です。
手取りになると300万円台。20代、30代の男性は「平均」、今後も年収が増えていくでしょうから特に問題がないとして、お見合い結婚で苦戦するのは40代で年収が400万円未満の場合です。地方でしたら物価も安いですから年収300万円台でしたらこの限りではありませんが、関東ですと40代以上の男性の年収(税込みですよ)が400~300万に届かない場合、それを補う何かがないと結婚相談所での婚活は苦戦します。年収

「補う何か」というのは、例えば「持ち家があります(家賃がかからない)」、「家事全般できます(共働き歓迎、キャリアを捨てなくて良い、家事も女性任せにはしません)」「親は元気、または他界している(現時点で介護の心配がない)」などです。

補うものがない場合は、転職や副職も検討し「300万代、400万台」に上げることが婚活では、選ばれやすくなります。

女性の皆さんは・・・

一方、女性の皆さんも、こぞって「年収500万以上」の男性を探すということは、競争率が上がるということになり、女性にとっても苦戦を強いられます。ここで、思い切って発想を転換する柔軟性も大切になってきます。

未だに根強い「専業主婦になる」という理想は一旦置いておいて(将来的に旦那さんが出世すれば専業主婦になれるかもしれません)100~200万円位稼ぐ腹づもりで、男性の年収の許容範囲を拡げて探された方がいいです。「高収入だけどケチなマザコン」と「そこまで年収が高くなくても人柄が良い男性」どちらが結婚相手として良いでしょうか?

男性は、現在の年収が低くても守る者ができれば奮起する生き物ののようです。結婚後に転職が成功して年収がアップした、という話しを結構聞きます。

それに釣書に書かれている年収というのは「現時点の年収」です。
今は、昔と違って終身雇用制も崩壊しつつありますし、高給取りの男性でも、いつ、リストラされたり病気になって収入が減ってしまうかわかりません。
大人の女性は、そういったリスクに備えていざという時に「稼げる」準備をしているものですし、そういった女性が男性から選ばれていきます。

結婚相手に看護師、保育士などの「士業」を望む男性が少なくないのは、そういった理由からなのかもしれません。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。 個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1800人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。

あわせて読みたい