婚活を考えた時に情報収集し始めると、男性は嫌でもご自身の年収を突き付けられます。

特に結婚相談所での婚活の場合、その入会条件が「年収400万(350万)以上」と謳っている相談所が少なくありません。

これは、それ位ないと「お見合い自体が組めない」という結婚相談所特有の理由があります。

しかし、現状は、年収が300万円台という独身男性は多いです。

この記事は、年収が300万円台の男性の婚活方法についてまとめております。

独身男性の平均年収は

人口が集中し地代が高い大都市とそうではない地方とではもちろん、賃金は地域差や年代差がありますが、日本の独身男性(20~59歳)の平均年収は400万円台前半といわれております。
言い換えると「独身男性の半分は、年収400万以下」ということになります。

年収は「税込み金額」ですから手取りになるとこれより少なくなりますね。
年代別の平均年収は、職種にもよりますがザックリ20代なら200万円台、30代なら300万円台と覚えておくと良いでしょう。

この20代、30代は「将来性=伸びしろ」があるため、400万円未満でも何とかなりますが、問題は、40代以降で400万未満の場合、特に300万円未満の男性は「結婚相談所での婚活」は、かなり苦戦するということです。

二つのハート 男女私の印象としては「独身男性の半分は年収400万以下だが、その中でもその半数以上は300万未満の方々ではないだろうか」というものです。
入会お問い合わせをお受けする際に、年収をお聞きすることもありますが、300万未満の独身男性が多いという現実を肌で感じております。

20代、30代はキャリアップの機会も多いですが、40代も中盤を越えると転職も簡単にはできません。
私が悩むのは、特に、「年収300万未満の40代以降」の結婚希望者の方をいかにしたら結婚させられるのかということです。これはもう開業当初からの悩みです。

結婚できない人が結婚相談所に行けば結婚できる?

結婚相談所で婚活しようと考える人達は、「お金を払ってでも」より良い結婚をしたい、より良い結婚相手を探したい、といった「結婚」に対して、または「お相手選び」に意識が高い方が入会して来られます。

そのため「条件の良い人(=男性は高年収、女性は年齢が若い、容姿端麗)」から「選ばれて」いくのが当然となります。

それが「結婚相談所」での婚活の実態です。未だに勘違いされている方々がおられますが「結婚相談所は結婚できない人が駆け込む所」ではないのです。

結婚相手として「選ばれる何か」を持っていないと結婚相談所であっても結婚どころかお見合いすらできないのです。

「高望みしていないです」という女性たちも、やはり、お相手検索をする時は「年収400万以上」から検索する方が多いです。地方なら「300万以上」と検索する女性もいるでしょうけれど、検索時に数字を入力すると「その数字未満の男性」は検索すらされない=婚活システムのサイト上では「存在していない」ということになるのです。

年収400万を望む根拠は「1世帯の生活費」

そもそも、男性の年収に「400万以上」を期待する根拠は「1世帯、年収400万あれば生活できますよ」というところからきているのだと思われます。

2017年の総務省「家計調査」によれば、2人以上の勤労者世帯(共働き)の1ヵ月あたりの支出は全国平均31.3万円ですので、単純計算で31.3万円×12ヵ月=375.6万円、「年間で必要」となります。

子どもが生まれて教育費にお金が掛からないうちは、確かに年収400万弱で生活できそうですが、妊娠出産で働けなくなる時期の分の蓄えは必要です。

また、内訳の「教育費」が1.9万円なので、例えば教育費のかかる中・高・大学生などの子どもが2人いる家庭は、月19,000円の教育費では足りませんよね。

もちろん、生活費は、年収以外にも自治体から受けられる扶助や減税などの子育て世帯への優遇措置などもありますから、うまく活用すれば「生活できない」ということはなさそうです。

とは言え、改めて、子どもを持とうとするならば、世帯年収400万以上を目指さないといけないのだ、と男性も女性もはっきり認識しないといけないと思います。

男性はいくつになっても「自分の子を産んで欲しい」と簡単に言う方が多いですが、そのために今どんな準備をしているのか認識が必要です。
豊かな食卓女性も基本的には共働き前提でお相手を探した方が賢明ですね。全男性半数以下の「年収400万以上の男性」の中でご自分の希望に合う年齢の男性(30代、40代)となるとさらに少なくなります(平均を押し上げてるのは50代の高所得者であるため)

ご自分が育ってきた家庭はお父さんの稼ぎだけで充分生活できた時代だった方も少なくないでしょうから(時代の恵沢というものでしょうか)自分の結婚生活は共働きとなると、抵抗があるのかもしれません。

共働きに抵抗はないとしても、私よりは夫には稼いでもらいたいという気持ちは女性にはありますよね。

まして、お金をかけて結婚相談所でお相手を探すのに、わざわざ自分の年収より低い年収の男性を選ぶ女性は少ない、という現実。これが「結婚相談所での成婚率がそう高くない(=10~15%)理由」なのです。

年収350万以上はある男性の婚活

それでも年収が350万以上、例えば370万、380万円でしたら、残業したり副業するなりして早く大台(400万円台)に乗せましょう。20~30万何とかなりませんか?

300万台と400万台ではお見合いが組めるか組めないかの分かれ道です。
また、持ち家がありローンが完済していれば、家賃が不要になりますからこの点を釣書でうまくアピールすれば年収の足しになります。

地方でしたら、350万でもお見合いが組める可能性がありますから、今お勤めの会社に愛着や将来性がないと思えば、思い切ってUターンも視野に入れ、出身地周辺に住む会員さんにお見合いを申し込むのも一つの戦略です。

年収400万以上ないと結婚相談所での婚活が苦戦するのは、東京・名古屋・大阪などの大都市圏です。

結婚相談所よっては入会お断りされる場合も

結婚相談所によっては、年収が400万以上ないと入会できない場合も少なくないようです。
当会は、年収や雇用形態(アルバイト・パート、派遣、契約社員)で入会をお断りすることはございません(無職の方はご入会不可。年金受給者は可能)

年収が300万円未満の場合はお見合いが組めない可能性が高いため、それでも当会で婚活なさりたい場合には、「お見合いができないかもしれない旨、承知しました」という「覚書」にサインをいただいております。

年収300万円未満の男性は、どう婚活する?

将来的にはUターンを見据えて出身地周辺の女性を探す

運よく?結婚相談所に入会出来て婚活なさるのなら、東京にお住いの方は首都圏で探さず、結婚後は地方で生活することを前提(お相手が東京での生活を望まない場合は、ご自身がお相手の下へ行くため転職の必要が出てきます)として、婚活をすることも賢い方法です。

将来的には親の介護の問題も出てくるでしょうし、遅かれ早かれ親の近くへ引っ越す場合も現実にはあります。実際、東京で年収300万未満で家族を養うのは大変です。地方で探すのが賢明でしょう。

地方は、家賃も安いですし保育園の空きもあります。私の田舎は「駐車代が無料」です。東京では考えられません。また喘息やアレルギーがあるお子さんは、田舎に引っ越すと治ったりします。もちろん、仕事がないと生活できませんが、住む場所は、柔軟に考えたいものです。

結婚相談所に登録されている婚活者は大都市圏に集中しており、地方は少ない場合が多いです。ですので競争相手が少ない地方で婚活の場を移し「選ばれる」可能性を探ることを私は勧めております。

お見合いという出会い方だからこそ「釣り合い」というものを知る

今のご時世、なかなか年収を上げることは難しいものです。
年収が低めの方と面談させていただくと共通点があります。それは、足りないもの(=年収)を充足させたいという思いからか「若くてきれいなお嫁さん」を得ることで充足させよう「一発逆転したい」と思われる傾向があるように見受けられます。
そのため、お相手を探すにも現実離れしておられる傾向にあります。

年収600万、700万以上あってもそうそうOKが来ないような「モデルさんのように美しくさらに一回り以上も年下の女性」ばかりお申込みなさる。

私は、どんな人でもお申込みしてきたものに関しては全て取次ぎます。

なかなかOKのお返事がいただけないことで気づいて欲しいと思うからです。私が忠告しても納得しませんしご自分で納得しないと「やらされてる婚活」となってしまい、逆切れされても大迷惑です。
寄り添う男女また、せっかくお見合いを申し込んで下さった「同年代(少し年上)の女性」「婚歴のある女性」には、目もくれず「こんなババァ」とつぶやく始末。

このような方は、本当に難しいので、入会面談の時点で私の方から丁重にお断りしております。

恋愛結婚とお見合い結婚は出会い方が根本的に違います。年齢差があっても、年収差があってもそれ以上に「惹かれる何か」があって始まる恋愛結婚と「釣書」の内容(=年収などの条件)から選ばれるお見合い結婚とは根本的に違うのです。

年収を上回る何かを持つ

交際までは入れれば「あなたの人柄」を存分にPRできますよね。

生命力だったりバイタリティー、生きる力など伝えられれば「お金がなくても二人で何とかなるかな」と思ってもらえるかもしれません。

人生お金がすべてではありませんから、とは言え、お金がないと生活できないのも事実。

交際まで入るためには、1にも2にもお見合いが組めないとあなたの人柄や魅力を伝えることはできないのです。

お見合いを組むには、年収などが記載された「釣書」と「写真」で相手を選んでいきますから、繰り返しになりますが年収が300万以下だとお見合いを組むことは難しいケースが多いですので、せっかくのあなたのお人柄を伝える機会に恵まれないのです。

「結婚相談所ではない場」で婚活を

先に述べたように、結婚相談所での婚活は「釣書」の内容ありきですから、年収が300万未満ですと選ばれづらいため、婚活の舞台を「結婚相談所」ではなく、「知人友人の紹介」「同窓会」「趣味のオフ会」など、条件よりもあなたの人柄がダイレクトに伝えることができる機会、場に移しましょう。

条件など問わない恋愛結婚向きです。恋愛結婚は先に惹かれ合ってますから、条件はお見合い結婚よりは優先されません。

それでも結婚相談所で婚活したい場合

それでも結婚相談所で婚活されたいのなら「どんな方でもお見合いさせていただきます」という姿勢が大前提になります。

年上の女性だったとしてもありがたくお見合いしていくぐらいの気持ちがないとご縁には至りません。
そうでなければ「検索システムで綺麗な女性を眺めるだけ」の「目の保養」で終わってしまう可能性が高いです。

結婚相談所で活動なさるなら「許容範囲」言わば「ストライクゾーン」が広ければ広いほど可能性も広がります。

「許容範囲」とは、お相手が「何歳くらい年上までなら可能なのか」「初婚or再婚」「子連れ(何歳くらいまでのお子さんなら受け入れることが可能なのか)」「結婚生活に支障がなければ、軽度な疾患(障がい)があっても構わない」などです。

許容範囲は個々によっても違いますので、結婚をあきらめる前にまずは、相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。