結婚相談所で婚活するメリットは「安心・安全・早い」です。

結婚前提の出会い、素性が明らかな方のみ登録できる結婚相談所での婚活は、交際期限が決まっています。「長々お付き合いした挙句のゴメンナサイ」を最初からけん制することが出来るシステムです。

交際期限内で、どうしたら婚約までスムーズに進めることが出来るのかをまとめた記事です。

お見合いから交際に入ったら

当会には「いい人がいればすぐにでも結婚したい」という方しかおりませんので、「お見合い」から「交際」に入って価値観が合えば、2ヵ月、3ヵ月で成婚退会(プロポーズ受諾)という方が少なくありません。

素性は「釣書」に掲載されていますから、恋愛と違って、相手の素性に関する情報を収集する手間と時間は不要だからです。

当会の「交際」の概念は、「仮交際」や「本交際」「真剣交際」などの区別はありません。交際は常に結婚を前提とした真剣なものであるからです。他の結婚相談所の言うそれらは、この人!と決めたら、もう誰ともお見合いをしない状態を「真剣交際」というようですね。

当会の交際は常に「真剣交際」しかありませんが、(真剣)交際中であってもお見合いは成婚まで何度でも可能です。

交際からプロポーズの進め方交際に入ったら、あとは「価値観が合うか」「一緒に生活していく上で未来予想図を描けるか」を見るための期間が「交際期間」です。
ですから、ランチデートばかりしていても(=恋愛気分に浸ってばかりいても)結論を出すことが出来ません。当会の交際期間の限度は6ヵ月ですが、大抵、3ヵ月前後で結論(婚約するか交際解消して次の方へいくのか)に至ります。

交際に入って初めてのデート

お相手と会うのは1回目がお見合い、交際に入ってからのデートは会うのが2回目ということですね。まだまだ、緊張もしてますから半日、一日がかりのデートは疲れてしまいお相手に対しても否定がちな思いになっては困りますので、ランチバイキングがおススメです。会話に行き詰ってもお料理を取りに行けば良いですし、時間にして2~3時間ですしね。

もう少し長く一緒にいたいと思えば、たとえば「美術館に行ってからランチしたいな」とか「海見に行きたいですね」など、半日掛かりのデートを提案するのもよいでしょう。
お相手から提案されて、まだ、意気投合してない段階ですと一緒にいるのが負担になりますから、その場合は「その日は予定があるのでランチだけになるかな」など、ご自分の気持ちに合わせて上手にお相手に要望を伝えたら良いと思います。

大体、人は3回会えば「もういい」のか「その先もある」のかがわかるものです。今日のデートが次につながるように相手ファースト(相手への思いやり)を心掛けて下さい。

デートの会話は前向きな内容に

正直にしゃべることが良いとは言えない

特に、一人でしゃべり続けてしまったり(男性)、自慢話や悪口、また、交際が深まる前に「自分や身内のマイナス的な内容を知ってもらってから交際を進めたい」という思いから、まだ会って1~2回の段階でお相手にマイナス的な話(自分がスッキリしたいという自分本位な動機から、過去の重い話や家族の病気などの話など)を伝えることは控えましょう。いきなり重い話をされてもお相手は困惑します。

交際からプロポーズまでの進め方デートでは前向きな明るい会話と態度を心掛け、どうしても伝えておきたい家庭の事情などは交際が深まってからにしましょう。その場合でも、お相手がその話を受け止められるかどうかを見極めてから話すことが大切です。自分がスッキリしたいという自分本位な思いから、話さなくていいことまで、信頼関係がない段階で話してしまっては、結婚への道が途絶えてしまいます。

早い段階でお互いの両親に会わせる

二人で会っていてもなかなか進展しない場合はもちろん、まだ結婚の意思が固まっていない段階でも「今、〇〇さんとお付き合いさせていただいてます△△です」とご挨拶ぐらいはしておくのがおススメです。

デート先などで買った菓子折りを持参し、玄関先で失礼しましょう(中に上がるよう促されたらこの限りではありませんが、長居しない方が良いでしょう)

「親の目で確かめてもらいたい」「親が薦めるなら安心」など、背中を押してもらえる場合が多々あります。お相手のご両親やご家族、家の雰囲気に触れることで未来予想図が描きやすくなります。

交際から3ヵ月、進展具合はいかがですか

交際に入ったら、月に一度は私に交際の進展状況をご報告いただいています。交際開始してから3ヵ月、あまり会えてなければその交際は芳しくないでしょう。会えなかったとしてもメールやライン、電話、Zoomなどで頻繁に連絡が取れているなら、まだ良いですが、お互いのスケジュールをすり合わせて会うことが大切です。それが成婚の近道だからです。

目安は人それぞれですが、遠距離でなければ、短い時間でも結構ですので週一回、10日に一回は会って、メールやラインは毎日か2~3日に一度はやり取りしているカップルが成婚に至ってます。

というか、お相手を気に入っていたら会いたくなるし連絡も入れたくなるものです。そうでなければ「そこまでの気持ちがない」ということでしょうから、他の方とのお見合いを入れていくことも必要になってきます。

男性の皆さん、連絡はまめに

これは、女性会員さん達から本当によく聞かされる不満ですが、お相手からの「メールの返信が遅い」「用件しか書いてない」イコール「私のこと気に入ってないんじゃないかしら?他の人とお見合い入れようかな」と、連絡が遅い(少ない)ことが交際解消の原因になりかねません。

会えなくても連絡はマメにしましょうお相手を気に入っているのなら「気に入っている」「次に会うのが楽しみです」「今度、いつ会えますか?」「今、ちょっとだけ会いたい」など、意思表示をしましょう。黙っていてはわかりません。

日本男性はシャイですが、彼女が望むのなら「返信は早めに」「意思表示はハッキリ示す」「連絡はこまめに」しましょう。はっきりしない男性は敬遠されますし「お相手の要望に応える」ことの積み重ねが信頼となり成婚へいたるものです。

また、男女問わず相手に「〇〇して欲しい」と「素直に伝える」ことも大切です。「全然私のことわかってくれない!」と機嫌が悪くなる(特に女性)人を見受けますが、長年連れ添った夫婦でさえも以心伝心なんてことはなく、基本的に相手に言わないと伝わらないものです。
お相手としっかり向き合ってコミュニケーションを取っていくことが愛を育てていくことです。

二人の気持ちが固まって来たら

男性だけが一方的に「お相手と結婚を決めましたので成婚退会します」と言ってくるケースがたまにあります。お相手の仲人に確認してみると「うちの女性会員は、まだ、そこまで気持ちは固まっていないようですよ」と言われてしまったり・・・。一人だけ先走らないでお相手のお気持ちが熟すまで待ってあげることも必要です。

気持ちが固まって来たら、私に連絡ください。私からお相手の仲人さんに、こちらのお気持ちをお伝えし、お相手お状況を聞いて差し上げます。

いよいよプロポーズ

プロポーズはタイミングが重要です。
お二人の気持ちが固まってきましたら、ご連絡ください。先方仲人と確認いたします。

そして、一生に残るプロポーズをしましょう。女性から男性への逆プロポーズは、あまりおススメしません。よっぽど優柔不断で煮え切らない男性なら別ですが、通常、男性は主体的な生き物です。「自分で決めたい」という思いが強いです。その方が、責任感も増します。

私は、男性から女性へのプロポーズをお薦めします。いつでも反故にできる「口約束」ではなく「婚約指輪(プロポーズリング)」をご用意の上(会員割引でご案内可能)、ホテルのプロポーズプランを予約したり二人の思い出のレストランでも良いでしょう。

後から「あれがプロポーズだったのかな?」「そう言えば、プロポーズの言葉って何だったっけ?」とならないようにプロポーズの言葉や場所選びも大切です。お見合いで出会ったからこそ、結婚に向かう段取りを「布石」として丁寧に踏んでいただいた方が壊れにくいです。

まとめ

お見合いから交際に入ったら「とにかくよく会う」、「連絡はこまめに入れる」この二つが成婚への近道、王道です。

仕事が急に忙しくなって会えなくても、Zoomやラインなどで連絡をやり取りすることが大切です。気に入ったお相手は放っておけないはずです。

連絡を取りたくないということは、あまり気に入ってないのかもしれません。ただ、せっかく交際になったのですから、お見合いも含めて3回は会って見ることをお薦めします。万が一、お断りしたい場合は、私が致しますから安心して下さい。

お申込みは、お気軽にお問い合わせよりどうぞ。