交際中のプレゼント

プレゼントはよく考えて

自分の都合の良い様に考えがち

結婚相談所は、確かに「いい人がいればすぐにでも結婚する」という心づもりの方が入会してきます。

とは言っても、お見合いをして、そのお相手と価値観が合うかどうかを知るためには「交際」してみないとわかりません。その交際の結果、「結婚する」または「(この人と)結婚しない」という結論に至ります。

このことは、40歳前後の大人なら理解しておられるだろうと思っておりまして、開業当初は改めて説明などしておりませんでしたが、実は、理解されていない会員さんがおられることを目の当たりにしました。

理解されてない訳ではなくて、きっと感情的になってしまうのでしょうね。

「真剣に結婚を考えて入会しているはずなんだから、自分と結婚するはずだ」
ちょっと、というか大分、考え方が飛躍されている方がたまにおられます。本当にいろいろな方が入会してこられます。

お見合いから交際に入ったからといって、すべて成婚までいくわけではないのです。

「結婚相手としてふさわしいかどうか」を見極めるための「交際」ですから、見極める期間(当会は最長6ヵ月)が必要です。その期間、交際した結果、結婚の約束=婚約(プロポーズの受諾)で成婚退会となるのです。

「返せ」というなら最初からあげないで

にもかかわらず「交際に入ったから結婚だ」と思い込み(男性に多いです)、いきなり高価なプレゼントを渡す男性もいたりします。純粋に彼女を喜ばせたくて自分の真心でプレゼントするのなら構いません。プレゼント

しかし、残念ながら「交際終了」の連絡を仲人を通じて受けたとたん「交際中にプレゼントしたものを返して欲しい」と言い出したりするんですよね。だったら最初からあげないほうがマシです。

女性も、その気がないのに(まだ、気持ちが固まっていないのに)思わせぶりな態度を取ったり、高価なプレゼントを受け取ることは、男性に結婚への期待を抱かせるだけとなってしまいます。期待を抱かせた分、万が一、交際をお断りする時には「返せ」「お金を払え」などのトラブルになる場合があります。

プレゼントとは「物」ばかりではありません。「数か月先の旅行やイベントの予約をする」という行為も同様です。万が一、交際終了となり、予約していたイベントのチケットなど、無料でキャンセルできない場合、「キャンセル手数料を払って欲しい」「チケットを買い取って欲しい」と仲人へ訴えてきた男性会員さんがかつておられました。

交際中のトラブルは、基本的に仲人は関与致しません。結婚しようとする二人のこと。交際の結果「お別れ」する可能性だってあるのですから、どのような結果になったとしてもトラブルが起きないように、スマートにお付き合いしたいものです。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。 個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1800人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。

あわせて読みたい