それって本当に「付き合ってる」?!

連絡するのは、いつも私から

先日受けた恋愛相談にて。

「付き合ってるんですが、なかなか結婚の話が出なくて」とおっしゃる方に、お相手からの連絡が来る頻度はどれくらいか尋ねると「連絡するのは、いつも私からで・・・」と。

彼から連絡がないだなんて、いくら忙しくても護衛艦にでも乗っていなければ(任務の関係上、家族や恋人にすら詳細を言えず自由に連絡もできないそうですね)ラインやメールの一通位、お気持ちがあれば送れるものです。厳しいことを言いますが、好きな相手のことは放っておきません。独り暮らしの部屋

これは、婚活で「お見合い」から「交際」に入っても言えることで、成婚するお二人は短い時間でもちょこちょこ会ってます。お仕事上忙しかったとしても、相互、連絡を入れています。

別れた相手への未練

また、「別れた彼とヨリを戻したくて」とおっしゃる方に、「別れたのはいつですか?」と聞くと「7年前です」・・・別れ方にもよるのでしょうが、いくら当時を回想し「愛し合っていたんです」と言ったところで、相手から別れを切り出された場合、普通に考えて「ヨリ」を戻すのは難しいと思いますし、相手にその気があるのなら7年も放っておかないはず。

過去の恋愛は美しいものに思えますが、縁がなかった事実を受け止めて、恋愛に限らず新しい何かにチャレンジしていただくことで、あらたな出会いがあると思います。好き合ってても縁がないと結ばれないものです。

会うのは「平日の夜」ばかり

また、婚活アプリや恋活アプリ、婚活パーティで出会った方で、「デートの約束は平日の夜ばかり」とか「なかなか家に遊びに行かせてもらえない」という話を聞きます。ずばり、十中八九、妻帯者(既婚者)か本命の彼女がいます。言いづらいですが、あなたは「浮気相手」ということになります。

婚活アプリや恋活アプリで出会った彼を不信に思い、別のアカウントを作成し接触したところ、こちらとしていたデートの約束をあっさりキャンセル(!)し、デートの予定だった日に別人に成りすました私と会う約束をしてしまうア〇な男性。こんな話はもう何度も聞いてます。

連絡の頻度を目安に

会った回数(連絡のやり取り)が多ければ多いほど成婚に至ります。「交際から一カ月経ちました」と言っても、遠距離でもないのに1回しか会えてない(1回も会えてない)、会えない日に連絡も取れてない(週に一回程度)なら、その交際は終了になる可能性が高いです。

特に、男性はマメでないと女性を不安にさせます。短くても構いませんので相手を気遣うメッセージを送りましょう。気に入ったお相手なら、「気に入っている」というお気持ちを言動で表現しましょう。お見合い結婚では、それが特に大切です。