婚活している方ならご存知?!年収が高い男性と結婚したい女性

年収が「600万以上」の男性

結婚したい女性の皆さんが、お相手に希望される年収の条件として「600万以上」とおっしゃる方々が多いのですが、そのような男性がたくさんいるとお思いでしょうか?

男性の給与所得者のなかでは、年収600万円台の男性の割合は約8%(リクナビNEXTジャーナルよりこの数字には既婚者も含まれます。少ないですね。一割いません。

さらに「独身」男性が占める割有は「3.5%」2002年の山田昌弘中央大学教授の調査)です。年収600万円を超える男性は100人のうち3~4人しかいません。あなたは、その男性に選んでもらえる内容を持ち合わせておられますか?

婚活されている女性ならご存知ですよね?!

もしかして、ご存じなかったでしょうか?
この事実を知っているか知らないかによって、婚活の戦略も大きく変わってきます。

ざっくり、年収は年齢に比例(今はそうとも言えませんが)しますので、年収600万以上の方を望むなら「年齢がある程度上(50代以上)の男性」も視野に入れて探すことになります。

もちろん、専門職の方なら30~40代で600万以上という方もおられます。

でも、そのような方には当然、女性からの申し込みが集中しますから倍率が高くなります。

選ばれるために

たくさんの女性の中から、まずは第一関門の「お見合い相手」として選ばれるためには、最低限、お見合い写真がきれいであること(スマホなどNG)これは最低条件です。「年齢」は変えようがないですが写真はいくらでも工夫できます。

よく「実物と違う」と思われたくない、言われたくないという口実でフォトスタジオに行かない方がおられますが、少なくても当会と提携しているフォトスタジオ(当会員割引特典あり)はそこまで「修正」などしたりしません。

当会でも、年齢が同じでも「きれいな写真」の会員さんのほうに、年収が高い男性からのお見合い申し込みが多く来ています。

もし、「年収が高めの男性」をお探しなら「登録しているお見合い写真を見直す」ことをおススメいたします。

独身男性の半分以上は「収入300万円未満」

2018年7月21日配信のライブドアニュースによれば

平均収入である400万円を超えている単身男性は25%だそう
収入300万円未満の単身男性だけで、全体の過半数を占めるという

「収入」と書いてありますから、年収(税込み)は330万円位の方が全体の過半数を占めるということなのでしょう。

これが現実です。

見たくなくてもセレブ生活が目に入るSNS

SNSの普及で、会ったことのない「一般の方」の裕福な画像を目にする機会が増えました。年に何度も?海外旅行に行ってステキなホテルで過ごす画像やブランド品に囲まれた「セレブ妻」を見ると(真実かどうかわかりません)知らず知らずのうちに「自分もセレブ婚したい」という思いを掻き立てられるのではないでしょうか?

そのためには「年収の多い男性と結婚しなければ!」と洗脳されてしまうのかもしれません。

お金はあるに越したことはありませんが、そのような「高給取り」とご縁を結べる女性は極々わずかです。
ご縁を結べたとしても、結婚した時は高給取りのご主人でも、長い人生、会社が倒産したり転職が失敗してしまったり、病気になってしまうことだってないとは言えません。不測の事態で生活が困窮することは誰にでも起こり得ることです。

高年収にこだわらずに

今はまだ年収が特段高くない男性でも、結婚してあなたが支え応援して「高給取りに仕立て上げる」ことだって不可能ではないのですよ。俗に「あげまん」という言葉があるくらいです。妻に応援されれば奮起しない男性はいません。

男性を「育てる」くらいの気持ちを持った肝っ玉の大きい女性が、最終的には幸せをつかむのではないでしょうか。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいアラフォーを応援します

 

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい