年収が「600万以上」の男性

35~45歳位の結婚したい女性の皆さんが、お相手に希望される年収の条件として「600万以上」とおっしゃる方々が多いのですが、そのような男性がたくさんいるとお思いでしょうか?

男性の給与所得者のなかでは、年収600万円台の男性の割合は約8%(リクナビNEXTジャーナルより)この数字には既婚者も含まれます。少ないですね。一割もいません。

その中で「独身」男性が占める割有は「3.5%」2002年の山田昌弘中央大学教授の調査)です。年収600万円を超える男性は100人のうち3~4人しかいません。あなたは、その男性に選んでもらえる内容を持ち合わせておられますか?

婚活されている女性ならご存知ですよね?!お見合い写真

もしかして、ご存じなかったでしょうか?この事実を知っているか知らないかによって、婚活の戦略も大きく変わってきます。

ざっくり、年収は年齢に比例(今はそうとも言えませんが)しますので、年収600万以上の方を望むなら「年齢がある程度上(50代以上)の男性」も視野に入れて探すことになります。

もちろん、専門職の方なら30~40代で600万以上という方もおられます。

でも、そのような方には当然、女性からの申し込みが集中しますから倍率が高くなります。

選ばれるために

たくさんの女性の中から、まずは第一関門の「お見合い相手」として選ばれるためには、最低限、お見合い写真がきれいであること(スマホなどNG)これは最低条件です。「年齢」は変えようがないですが写真はいくらでも工夫できます(画像を別人レベルに修正するとかそのようなことではございません)

よく「実物と違う」と思われたくない、言われたくないという口実でフォトスタジオに行かない方がおられますが、少なくても当会と提携しているフォトスタジオ(当会員割引特典あり)はそこまで「修正」などしたりしません。

当会でも、年齢が同じ場合「きれいな写真」の会員さんのほうに、年収が高い男性からのお見合い申し込みが多く来ています。もし、「年収が高めの男性」をお探しなら「登録しているお見合い写真を見直す」ことをおススメいたします。

独身男性の半分以上は「収入300万円未満」

2018年7月21日配信のライブドアニュースによれば

平均収入である400万円を超えている単身男性は25%だそう
収入300万円未満の単身男性だけで、全体の過半数を占めるという

この記事をわかりやすく言い換えますと「年収(税込み)が400万」で「手取りは350万円位」の単身男性が25%で、「年収(税込み)が300万」で「手取りは270万円位」の単身男性が全体の過半数を占めるということになります。これが現実です。

20代、30代の男性は、まだこれから伸びしろがありますから良いとして、40代以降となるとなかなか昇給も難しいご時世。

これからは副業が当たり前?!

副業を解禁した企業も増えましたし、パラレルキャリアといって2つ3つ仕事を掛け持ちしながら、それぞれが相乗効果をもたらすという働き方をされてる「パラレルワーカー」も増えています。寿命も延びて定年60歳から平均寿命と言われる80歳まで20年。

その20年だって、生活するためにお金が必要ですから、この機会に、多くはなくても安定した収入を今の職場で確保しつつ副業で収入を押し上げることは、婚活のためのみならず老後の心配も減ることにつながると思いますよ。

それで、男性の皆さんの年収が増えて出会いも増えれば願ったりかなったりですよね。

見たくなくてもセレブ生活が目に入るSNS

SNSの普及で、会ったことのない「一般の方」の裕福な画像を目にする機会が増えました。年に何度も?海外旅行に行ってステキなホテルで過ごす画像やブランド品に囲まれた「セレブ妻」を見ると(真実かどうかわかりません)知らず知らずのうちに「自分もセレブ婚したい」という思いを掻き立てられるのではないでしょうか?

そのためには「年収の多い男性と結婚しなければ!」と洗脳されてしまうのかもしれません。

お金はあるに越したことはありませんが、そのような「高給取り」とご縁を結べる女性は極々わずかです。
ご縁を結べたとしても、結婚した時は高給取りのご主人でも、長い人生、会社が倒産したり転職が失敗してしまったり、病気になってしまうことだってないとは言えません。不測の事態で生活が困窮することは誰にでも起こり得ることです。

高年収にこだわらずに

今はまだ年収が特段高くない男性でも、結婚してあなたが支え応援して「高給取りに仕立て上げる」ことだって不可能ではないのですよ。俗に「あげまん」という言葉があるくらいです。妻に応援されれば奮起しない男性はいません。

男性を「育てる」くらいの気持ちを持った肝っ玉の大きい女性が、最終的には幸せをつかむのではないでしょうか。

また、年収は「現時点」の年収ですから、今後も同じ年収がもらい続けられるかどうかわかりません。現に、30代、40代でご病気をなさり大きく収入が減ったという男性を何人も見て参りました。そして、奥さんが家計を支えていた時期があった、という話も少なくありません。

長い人生、予期せぬいろんなことが起こります。

普段は、おとなしそうに見えても伴侶に万が一のことがあったら「稼げる女性」って強いですよね。

400万以上稼いでる男性の大半は既婚者ですし、これからは、ますます共働きの結婚生活が前提となるでしょう。

女性の皆さん、男性の今の数字(=年収)にこだわらずに一人でも多くの方とお見合いしてみて下さいね!