結婚相談所で婚活するには、まず、何が必要?

結婚するには結婚したいと思っている異性が集まる所に行ってみよう

結婚するには、いろんな方法があります。
一つの方法手段だけではなく、可能であればいろいろな方法を組み合わせた方が出会える確率も高まります。

知人友人に紹介してもらう、婚活アプリ、婚活サイトの活用、自治体などが企画している婚活バスツアーなど、婚活イベントや婚活パーティーに積極的に参加する。

また、当会のような仲人(婚活アドバイザー)が助言をくれて、より「真剣に結婚したい」と思っている方々が集まってくる結婚相談所を利用しお相手を探してお見合いしていくなど「結婚したい」と思っている異性が集まる場所に行くことが第一歩です。お見合い写真 全身

結婚相談所で婚活する場合に必要なものは、履歴書(プロフィール書、釣書)と「お見合い写真」です。

特に、どのようなお見合い写真を準備できるかによって結婚相談所での婚活が成功するか失敗するかが決まると言っても過言ではありません。

盛り過ぎな写真にならない?、修正しすぎて本人かどうかわからなくならない?、等、そのような理由でフォトスタジオ(写真館)の利用をためらう方々が多く非常に残念です。

この動画を見ればフォトスタジオで撮影しない理由がないことがわかります。必見!!
ブライダルナビ中西事業部長より

フォトスタジオと言ってもその腕前はピンキリです。
「時代遅れ」や「古臭い」お見合い写真だったりする場合もありますので当会提携のフォトスタジオをご案内いたします(北海道から九州までご案内できるフォトスタジオがございます)ヘアメイク込み、ショット複数で会員限定価格2万円でおつりが来ます(2019年8月現在)

一度、ミタまでご相談くださいね。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい