「婚活」は特別なことではありません

「婚活がうまくいかない」「人間関係がうまく構築できない」「コミュニケーションがうまく図れない(一方的、など)」

これらすべて同意語だと感じます。

今すぐ結婚を考えていない方も、常日頃から人ととのお付き合いの中で、男女関係なく最低限「相手の事情を考える」ことを意識するだけでも、数年後のご縁が結ばれるか否かが決まると思います。

例えば、こちらから「電話をかける」という行為は、ある意味、相手の状況なんてお構いなしの行為です。

ですので、「今、話しても大丈夫なのかどうか」等、事前の了解を得ることは相手を考えれば当然のことですが、こちらの状況お構いなしに突然、電話をかけて長々お話をされる方…

敬遠されると思うのです。

毎日の生活の中で、こんなことから気を付けることの積み重ねが「選ばれる人」になれるのだと思います。

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい