婚活。なかなか先へ進まない。「お見合いから交際まで」編

その婚活、同じところでつまずいてませんか?

婚活と言っても、いくつかの関所があります。「お見合い」→「交際」→「成婚(ゴール)」
結婚相談所に所属しているだけでは結婚できません。どこで、ひっかかっているのか、分析も必要です。

そして、せっかく、分析してくれたり客観的に見てアドバイスをくれる仲人さん(アドバイザー)の言うことには耳を傾けた方がいいですよ。頑固は損です。素直な方、トライ&エラーの精神で挑戦する方に婚活の女神は微笑むものです。結婚への道のり

そもそもお見合いが組めない

登録して何カ月経ちましたか?
当会の場合で言えば、「登録=お相手検索システムに掲載」されてから1~2ヵ月」が一番お申込みの来る時期です。それは、登録の新しい順に上位掲載されるからです。

今日入会した人は、昨日入会した人の上に写真が掲載されます。半年前、一年前に入会された人は、それよりも後ろになりますね。
でも、「年齢」や「年収」「学歴」「地域」などいくつかのキーワード(条件)で「絞込検索」もできますから、そのキーワード(条件)に引っかかれば、2年前の登録でも探し出してもらえます。そのキーワード(条件)に引っかからなければ、男性(女性)全員見ていただかない限り見つけ出してもらえません。

「釣書」の内容と「お見合い写真」を見直しましょう

ですので、いかに内容の良い「釣書」にするかなんですよね。「年収100万」と検索してくれる女性はほとんどいません。収入アップできる方は転職や副職などをして「釣書」の内容を良くしていきましょう。

それと、写真を変えてみるのも効果があります。掲載されている写真は写真館で「お見合い写真」として撮影したものですか?
仮にそうであったとしても、カメラマン、メイクさんの腕の差が大きいです。お見合い写真はお見合い写真なんですが、メイクやカット、ポーズが古臭かったりする写真もありますよ。仲人さんや結婚相談所が薦めてくれる写真館へ行きましょう。

お見合いはできるんです

お見合いが組めているということは、たくさんいる人の中から選んでいただけている、目が留まるということですから自信を持ちましょう。

交際を希望しても(お見合いの後、もう一度会いたければ当会は「交際」となります)いつも断られてなかなか「交際」に入れない。何回もそうなると落ち込んでいきますよね、普通。

でも、きっと、「次も会いたい」と思っていただけない何かがあるのかもしれません。

おしゃべりは嫌われる

もしかしたら、一人でしゃっべってませんか?!
特に男性のおしゃべりは嫌われます!自分語り(ウザいです!)また、無意識なんだと思いますが、家(親)自慢、学歴自慢、キャリア自慢・・・自分を気に入ってもらおうと思って話すのでしょうけれど、次に会いたいとは思ってもらえません。

女性は話を聴いてもらいたい生き物です。
男性は「全然しゃべらなかったな」くらいでちょうどいいのです。しーんとしたのが耐えられなくてしゃべり過ぎてしまう場合もあるでしょう。そんな時は「質問」をしましょう。釣書に「趣味が料理」と書いてあったら、「どんな料理をするんですか?」と。
女性は「私の釣書をちゃんと読んで来てくれている。覚えてくれている。」とあなたに心を開き始めますよ。

第一印象で決まります

いで立ち、装いはいかがでしょうか?清潔感のある外観かどうか見直しましょう。洋服を買うお店で「お見合い用」とか「デート用」に「勝負服・戦闘服」としてコーディネイトしてもらったものをセットで準備するのも良いでしょう。
おしゃれに関心がある男性はごく一部であって多くの男性は、服装に無頓着ですからね。シャツとネクタイを合わせてもらって購入するとか、スーツはサイズが合ってないと(肩の位置が合ってないと)古臭く見えます。

意外に靴がくたびれてるのも目立ちます。

別れ際で交際に入るかどうか決まる!

あなたがもう二度と会いたくないと思ったらそれで結構ですが、もし、「交際に入りたい」と思うのなら、別れ際は「僕からは断りませんから。」と言ってください!(ミタからの業務命令)

たったこの一言で女性は、「立ててもらえた」「下駄を預けられた」「私が決めてもいいんだ」って気持ちが楽になります。それだけで次につながりやすくなるんです。

また、改札まで一緒に来たのなら帰りの切符を買ってあげる(今、皆PASMOかな)のもよいですし、遠方から男性が出て来てくれたなら女性はペットボトル飲料をちょっと買って手渡すのもいいですよ。
要は、思いやりなんですけどね。気に入った相手のために何かできることはないかな、何かしてあげたいって思いませんか?

ただし、それを受け入れてもらえない(=気持ちが届かない)こともあります。それをしたからって交際に入れないこともあります。
でも、もし、それで交際に入れなかったとしても、その会員さんは仲人に言うはずです。「とてもいい人でした!帰りは切符まで買ってくれて・・・」と。その話を聞いた仲人は「そんな良い方ならうちの別の会員の○○さんとお見合いさせよう」って動きます。

そこで縁が結べなくても他の縁に繋がっていくんでいくんですよ。無駄な出会いなんて一つもありませんし、そこまで真心を込めてお相手に接していたら、真心を込めたお見合いをしていたら、必ずご縁が結べます。本当です。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい