当会の「結婚」の定義

佳つ乃さん、ご結婚

「佳つ乃さん」ご存知ですか?伝説の芸姑。女性から見てもため息が出るほど大変お美しくスタイル抜群。大物男性との浮名も度々・・・。最近、メディアではお見掛けしません。

そんな「佳つ乃」さんがついにご結婚されたそうですね!(画像は佳つ乃さんのアメブロよりお借りしました。本当にお美しい→)

入籍は、今後もされる予定がなく事実婚のようです。

事実婚とは?

「事実婚(内縁)」とは、夫婦同然でありながらも入籍はしていない(=婚姻届けを出していない)形態です。

民法上では、事実婚の場合、互いは「配偶者」とは見なされないため「法定相続人」としては扱われません。しかし、遺言によりパートナーの財産を相続することは可能ですが、相続税で差があるようです(※私は、法律の専門家ではありませんので、ご自身で弁護士さんにご確認くださいませ)

また、「事実婚」のふたりの間に子どもが生まれ場合、その子どもは母親の戸籍に入り、法律的には「父親」がいないことになります。そのため生まれた子ども(=婚外子)とその父親が法律上においても「父子関係」であることを設定するために子の父親の「認知」が必要です。

事実婚は、入籍を伴う結婚(=婚姻届を提出して結婚する「法律婚」)に比べると法的な面で何かと面倒ですね。

ちなみに、「事実婚」と「同棲」の違いは、「事実婚」は当人たちに「夫婦である」という認識がありますが、「同棲」は当人たちには「夫婦」という認識はありません。

結婚相談所の「結婚」とは?

当会での「結婚」の定義は、「入籍を伴う結婚(=婚姻届を提出して結婚する「法律婚」)」です。
ゆえに当会での「婚活」とは、「事実婚」や「恋人」「お茶飲み友達」を探すものではございません。

シニアの方や再婚の方は、これといって「籍を入れる理由」がない、という方もおられるかもしれません。
「それぞれが経済的に自立しているし、干渉しあわず、会いたい時に会って帰る、家は別々でも構わない『恋人関係』で充分」とか
「子どもも独立し、お互いの仕事や趣味を尊重したいので『週末婚』で充分」等、ライフスタイルは各々にお任せしますが、当会の出会いの目的はあくまでも「入籍を伴う結婚」です。

ご自分にとって、これからの人生に「入籍を伴う結婚」が必要なのか自問自答する必要がありますね
男性は、「責任感」や「けじめ」として「入籍」を望む方が多いですが、経済的に自立している女性は意外と「内縁関係」や「恋人」のままで良い、という方が少なくありません。今は楽しく過ごせる相手だけれど、将来的に「介護までしたい相手だとは思わない」とハッキリ割り切って「恋愛」をしている女性もおられます。

どちらが正しいか正しくないかは、その人の価値観によりますので答えはありませんが「恋愛相手探し」「パートナー探し」は、当会ではできかねます。

「真剣にご結婚」をお考えでありながら、現実問題、お子様方との関係で相続や年金受給の問題が理由で「入籍はできかねる」場合のみ、一度、ご相談ください。

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい