婿と婿養子って違うの?

時代が変わったとは言え「姓を残したい」「事業を継承させたい」等、様々な理由で「婿養子」を取りたいというご相談が年に数回寄せられます。

質問なさっているご本人(または親御さん)であっても「婿」と「婿養子」の違いを混同され「『お婿さん』を探しています」とおっしゃるケースがあります。

あなたがお探しの「お婿さん」とは「婿」?「婿養子」?

婿を探しています

「婿」と「婿養子」は全く違います。

違いを認識された上で、どちらを望むのかは、仲人が関与できる内容ではございませんので法律の専門家にご相談されながら慎重にご判断ください。

以下、定義のみにとどめておきます。

「婿」とは、結婚する時に、男性が女性の姓に変えること(妻の両親の遺産相続の権利がない)です。

これに対して「婿養子」は、妻の両親の「養子」として「入籍」しますから、妻の兄弟姉妹と同じように遺産相続の権利があります(扶養の義務もあります。義両親と実両親の両方です)

夫を「婿養子」にしたが、万が一、離婚した場合、婚姻関係は解消(離婚)しても、親子関係を解消(養子離縁)しない限り、義両親の遺産相続の権利や扶養の義務は元夫に残ります。

どちらを望んでも「釣書」に記載義務があります

当会では、お相手に「婿(婿養子)を希望」するのであれば、「釣書」に「婿(婿養子)希望」と明記しなければなりません。

どちらにしても男性側に何らかの負担

どちらにしても男性にとって、まず、「名字」が変わりますから、ご両親や職場などの影響が小さくないからです。

また、どちらにしても結婚早々奥さんの実家で「同居(玄関が別でも、別宅でも同じ敷地内に住むなど)」する意味合いが強いです。新婚早々、義理の親との同居というのは負担が大きいものです。

男性にとって負担の大きい「婿(婿養子)」に来てくれるお相手を希望される女性は、お見合いを組むことはほとんど難しいです。

「婿(婿養子)に行けます」という男性を「全国一円」で探せば当会にはおりますが、その際、「今の職場を辞めて来る(関西から東京へなど)」場合もありますから、事業継承のための婿(養子)入りならともかく、奥さんの住む土地ですぐに新しい仕事が見つかるかどうかわかりません。

以前、「相続はしたくないけど、自分たちの面倒だけは見て欲しいので婿養子ではなく婿を探して欲しい」という親御さんからの相談がございましたが、お断りいたしました。理由はおわかりですね。

婿(養子)は使用人ではありません!

「相続はしたくないけど、面倒だけは見て欲しい」・・・このような家には、お相手様をご紹介できかねます。親御さんがそのような心根だからお嬢さんは縁遠いのだなぁ、と実感した次第です。

ちなみに、漫画「サザエさん」のマスオさんは「フグタ」姓を名乗ってますから「婿」でも「婿養子」でもありません。「妻の実家に同居している(だけ)」ということになります。

結婚相談所だからと言って、望めば「婿(養子)を取れる」訳ではないということがお判りいただけましたでしょうか。