「釣書」でわかること

お見合い結婚のキモ「釣書」

結婚相談所で婚活をする場合、何を見てお見合い相手を選ぶのかと言えば「釣書(身上書、プロフィール書とも言います)」と「写真」です。

結婚は、生涯、生活を共にする相手です。

その相手として選ぶために知りたいことが掲載されているのが「釣書(つりしょ)」です。釣書には、「身長」「体重」「年齢」「国籍」「本籍(任意で記入)」など基本的なことから「年収」「学歴」「資格」「職業」「健康状態(慢性疾患、心身障害の有無)」「信仰宗教の有無」さらには両親は健在なのかどうかなどの「家族構成」「資産(任意で記入)」「趣味」などが記載されており、これらに基づいてお相手を選んでいきます。プロフィール

ですから、お相手にご迷惑をかけぬ様、その記載に虚偽があってはいけません(虚偽があった場合、交際の進展具合に応じたペナルティ発生の場合あり)変更があれば速やかに訂正することが必要です。

個人情報の保護

現代は「個人情報保護法」により、当会では釣書の「名前は仮名」とし「住所は○○市(東京23区は区名は出さず「23区」と記載)まで」に留めており、「会社名は非公開」にしております。誕生月・日は任意ですので生まれた年のみを記載すれば、名前も仮名、住所も市までの記載ですから個人を特定されることは、まずありません。

たまに聞かれますが「卒業した大学名」は、記入して有利になる有名大学ご卒業の方は書かれると良いですが、表示は任意のため「大卒」とだけ記載されている場合が多々あります。

釣書に書かれていない内容(出身大学名、親の学歴)などは、ご本人でお見合いや交際の際、お相手に失礼のない範囲で直接お聞きになっていただいております。

「家族構成」の記載は大切ですね。将来的に親の介護を想定したり、お相手が長男、次男なのかもお相手選びの参考にしたい女性がいます。

釣書でここまでわかる

「新興宗教の有無」についてですが、「新興宗教」の定義は「明治以降に発生した宗教」の信者さん(熱心に活動していなくてもその団体の名簿にお名前があるレベル)でしたら、新興宗教は「有」となります。

「仏教」や「キリスト教」は新興宗教には該当しませんが「毎週日曜日は必ず礼拝に出席するために外出する」など、結婚生活に何らかの影響がある場合は、交際が進展していく中でお相手に話しておかれた方が良いかもしれません。

「障害の有無」ですが、身体のみならず精神においても障害者手帳を有する立場なのかどうか、障害年金を受給なさっておられるのかどうか、こちらも結婚生活にどの程度の介助や理解を有するのか判断する上で重要な記載事項です。

お見合い結婚だからこそ

ここまでの情報を出会う前の段階で収集することは一般的には不可能です。
恋愛結婚でも、交際の進展具合によって少しずつ得ることのできる情報です。そのために数か月かかったりします。
恋愛では交際してしばらくたってから職業や年齢が「ごまかされていた」、ひどい場合は「既婚者」だったなんてことも少なくありません。

そう思うと、結婚相談所でのお見合い結婚は、「真剣に結婚したい独身」の方々の開示された情報を元に選ぶことができる非常に効率の良い結婚システムなのです。

時間的余裕がないアラフォーの婚活だからこそ、結婚相談所を積極的に利用なさるといいですね。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。 個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1800人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。

あわせて読みたい