年収300万円台でもお見合いができる方法

独身男性の大半は年収300万台という現状

当ブログで一番多く読まれている記事が年収が300万円前後の男性が結婚相談所で婚活する場合です。ということは、当ブログには、年収300万位の男性がよく来られているのだと思います。

私の主観ではありますが、「結婚したいと考えている男性」で年収300~350万の男性が一番多いのではないかと思います。

しかし、当ブログや他のサイトをご覧いただいても「年収400万以下は、結婚相談所での婚活は苦戦しやすい、条件(スペック)を問わない恋愛向きです」と書いてますし、結婚相談所によっては入会を断るところもあります。

それは、女性たちがお相手を探すときに「400万以上から」検索をかけるからです。当会は、年収で入会を断ることはございません。

ただ、当会もそうですが、結婚を決めて成婚料をいただく成功報酬制の結婚相談所の場合、「結婚できそうな人」をお世話したい、というのはあります。

「選ばれるもの」がないのに、要望ばかり並べる「面倒な」会員さんは、業務に支障をきたすだけですので。

賢い女性たちは、少ないパイを取り合っていつまでも終わらない婚活に区切りをつけるため、共働き前提の生活設計を描き、300万円台でも魅力がある男性を探すことにシフトしつつあります(まだ、そのような女性は少ないですが、増えつつあるのを感じます)ので、「自分は年収が300万円台だから」と結婚をあきらめないで、まずは、あなたの状況を聞かせて欲しいですね。

結婚できそうな人ってどんな人

草原を歩く家族「結婚できそうな人」に入会してきて欲しいな、と仲人の本音を述べましたが、「結婚できそうな人」ってどんな人のことを言うのでしょうか?

①男性は、年収が高い人。女性は、年齢が若い人、容姿端麗な方

これは、言わずもがなですね。

「自分は年収が低いからダメだ」「年齢が高いから結婚できない」とあきらめるのは、まだ早いです。

こんな人も「結婚できそうな人」ですよ。

②「自分にお申込みを下さった方なら、喜んでお会いさせていただきます」という「謙虚」な方

恋人を探している訳ではなく、結婚相手を探しているのです。少々、美人でなくてもぽっちゃりしていても、家事が得意だったり心根が良い女性が「奥さん」としてふさわしいと思いませんか?

そこに気づけた男性は成婚していきます。

何よりも、たくさんいる会員さんの中からあなたを探し出してくれて「会って見たい」とあなたにお申し込みを入れてくれたのですよ。その心を受けていただく器の大きさはないものでしょうか。

③「限許容範囲」を広げられる方

お相手女性に対する許容範囲が広ければ広いほど、出会いのチャンスは増えます。出会いのチャンスが広がるということは、結婚できるチャンスも広がるということです。

例えば、「初婚にこだわらない」「年下にこだわらない」「美人にこだわらない」「ご自身の子どもを持つことにこだわらない」など、「こだわり」=「条件」があればあるほどお見合い(結婚)はできません。

資源(学歴、職歴、年収、身長、etc)が多い人は、「選ばれやすい」ので、お見合いのチャンスは多々ありますが、そうでない方は、いただいた一つ一つのお申込みに感謝し、お見合いをしていただきたいものです。

④素直な方

こちらのアドバイスを受け入れようとする姿勢の方も成婚できる方です。

一方、こちらのアドバイスを聞き流し、こちらの提案や要望に対してはスルーするのに、自分の要望を通そうとする時だけは連絡が早い、何度も言ってくる、このような方は基本的に「自分本位」な方ですので、交際に入ったとしても女性から「交際終了」を告げられています。

結婚相談所だけが婚活の舞台ではないけれど

一般的に、婚活業界では、年収が350万円以下の方は、結婚相談所ではなく、条件やスペックを重視しない「恋愛」で探して下さい、言われてはいるものの、私が人見知りで気後れるタイプなのでよくわかるのですが、恋愛できるならとっくにしてますよね。

また、同性ばかりの職場でそもそも出会いがない場合もありますし、仕事で忙しく趣味を持つ余裕がなかったりして、結果的に職場と家の往復で出会いがない=出会いがないものです。

となると、やはり、結婚相談所の利用を試してみる価値はあると思うのです。

結婚相談所は早い、安心、安全

結婚相談所には「結婚したい」という人しかいませんので話は早いですし、お互いに仲人がついてますから、お相手のお気持ちを仲人づてに確認することもできますし、交際の悩みが出てきたら相談もできます。

年収400万以下ですと、苦戦するとは思いますが、年収をカバーできるものがあれば、お見合いができる可能性が高まります。

例えば、おしゃれ。年齢より若く見える。イケメンさん。「一緒にいるとホッとする」とよく言われる。家事は苦にならない。持ち家があるから家賃は浮く・・・など

何か、スペック以上のあなたの「セールスポイント」はありませんか?

婚活は家探しに似ている

家を探すときに、築浅で駅近で陽当たりが良い家を誰しも求めますが、予算に限りがありますよね。予算内で納めるためには、希望条件が全部叶うことはないのです。予算が潤沢にあるのなら話は別です。

婚活も、家探しと似ています。予算「ご自身が持たれる資源(条件、スペック)」に見合った方を探す。例えが乱暴ですみません。

当会で、年収350万前後でもお見合いが出来てる方々の共通点として、

  • 年下の女性にこだわっていない
  • ご自分の子どもを産んで欲しいとこだわっていない
  • バツイチ、子どもありorなしの方も、ご縁があるかもしれないとお見合い断らない

ことが挙げられます。
そして、お人柄が良い(人に対する思いやりがある、相手の立場に立って考えられる人)と、仲人としても何とか相手を探してあげようと力が入るものです。

しかし、「やってもらって当たり前(月会費払ってるんだから)」、「こちらの話しや提案は聞かず、自分の要求に固執する」方は、私もお相手におススメしずらいです。

そんな旦那さん、奥さんがかわいそうですから。

結婚相談所に入ったとしても、人(仲人)と人(会員さん)。
「応援してあげたい」と思われるお人柄でないと損をしますよ。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します
お問い合わせ

nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。 個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1800人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。

あわせて読みたい