良い人がいたら結婚したい

2017年9/16産経新聞に「結婚願望がある人が男女ともに9割弱」「『異性の交際相手がいない』人の割合が男性で7割、女性で6割」と掲載されてました。

運命の赤い糸

「結婚したくない」訳ではないのですよね。「良い人がいればいずれ結婚したい」と考えている方が多いのです。この「良い人」というのが、曲者(くせもの)なんですよね。

今まで、面談などで「良い人がいたら結婚したいんですけど」とおっしゃった方に、男女問わず、すかさず「良い人ってどんな人ですか?」と聞き返しましたら以下のような結果となりました。

男性が考える「良い人(女性)」とは

まず、何と言っても写真が「可愛い、キレイ」ですね。写真しか見てないですね、男性は。
そして、若い(若ければ若いほど良い)、子どもを産める年齢の女性を望みます。

結婚生活が何たるか、多少理解してる男性は「家事ができる」、また「控え目」「有資格者など収入も助けてくれる女性」「悪口を言わない」など、見た目よりも中身を見ようとする男性も少なからずおられます。

女性が考える「良い人(男性)」とは

年収が高い、学歴が高い、将来的に実家の近くに住める、価値観が合う、など。

「良い人」って、つまり「理想」のことなんだ、と思いました。人間性とか人柄のことではないんですね。
しかし、現実、なかなかそのような方に「私を選んでいただく」って簡単なことではありませんよ。それで、いつか結婚したいと思いつつも結果的にお一人の時間が長くなってしまう。

今は、便利な世の中で一人で楽しめるツールがあったり、コンビニでおいしい食事を購入することが出来ますから、理想は理想として「身の丈に合った」方を結婚相手として受け入れるよりは、一人で気楽に暮らしたいといったところでしょうか。

いきなり「理想」を手に入れようとするのではなく

一昔前までは、他者とは手紙や電話、実際に会ってコミュニケーションを図っていましたので、積み重ねたコミュニケーションの結果、その人柄に触れて交際するとか結婚するというケースも少なくなかったように記憶しております。

現代の男女が草食系になった訳ではなく、幸か不幸か「インスタント時代」となり、すぐに結果を求める、求められる傾向にあります。待てない。

いきなり「理想」を手に入れようとしてしまう。それが良いとか悪いとか言いたいのではなく、コミュニケーションを取ることを面倒に思っている方たちが増えたのかな、と感じます。誰でも揉め事は嫌ですが、最低限のコミュニケーションまで避けているようにも見受けられます。

でも結婚はしたい、それ!婚活だ!と言っても、コミュニケーションを避けて生きてきたなら、なかなか婚活も苦戦します。

「コミュニケーション」って、「他人とのぶつかり合い」だからこそ、主張ばかりではなく、時には譲歩する・・・その「さじ加減」が人と人との適切な距離感をつかんでいくものになるのですが、反面、それが面倒でストレスになるのも事実。しかし、そうやって心地よい人間関係を構築していくのだと思います。すれ違うふたり

「相手との距離感」がわからないから自分の気持ちを一方的に相手に押し付けて、結果的に「重い女」や「うざい男」と思われたり、果ては「ストーカー」となってしまうのかもしれません。

得手不得手あったとしても、人間は「人の間」で生きるものなので、他者とのコミュニケーションは避けられないのです。

今すぐ、婚活しないにしても、今からでも人と関わることを避けずに挨拶からでも始めてみませんか?

ふだんコミュニケーションを避けていて、いきなり婚活で適切なコミュニケーションは取れません。せっかく、お見合いしてもその先が続かないのは、コミュニケーションに難ありだからです。普段の生活の中で「練習」しましょう。それも、婚活で生かされるはずです。

まず「ご自分から挨拶をする」次に、「ほめる」と実用書に書いてあったりしますが、本当に褒めたいと思っていないのに褒めるはわざとらしいので「事実を言う」のです。例えば、同僚や上司が赤いネクタイをして出社してきたら「今日は、赤いネクタイなんですね」と「事実を言う」

そうしたら、言われた方が「おぅ、俺の勝負ネクタイなんだ。今日は午後、大事な商談があってな・・・」とコミュニケーションが始まります。

これって、相手に興味をもつ練習になるんですよ。マザーテレサによれば、「愛」の反対は「恨み」ではなく「無関心」なんですって。自分に関心を持ってくれる人には好意を持つものです。好かれることが婚活です!