「婚活できること」が幸せ

「婚活」って聞くとどんなイメージが湧きますか?「なんだか大変そう」「疲れそう」という声も耳にしますが、「婚活ができること」って幸せなことだと私は思います。

もし、親御さんやご家族が病気や要介護状態でしたら婚活どころではなくなりますし、仮に婚活を始めたとしても「結婚早々、看護や介護をしなければならない家」に嫁ごうとする奇特な方はなかなか少ないものです。

ましてや、ご自分が病気ならまず治療に専念せざるを得ないでしょう。

また、突然、リストラされたら婚活どころではないですし(男性は「無職」ですと結婚相談所に入会すらできません)

婚活を始めて、たくさんいる会員さんたちの中からご自分が「人生の伴侶」として「選ばれる」ためには、「マイナスとなるような条件」は、ひとつでも少ない方が有利です(履歴詐称はダメですよ)

「婚活が大変そうだから・・・」と一歩踏み出すことに躊躇している方は少なくないです。

でも、「いずれは結婚したい」とお考えのあなた!

平安である今のうちに一歩踏み出しましょうね。

 

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい