ライフプラン

婚活(に限らず人生)に行き詰まった時には、ぜひ、「ライフプラン」を描いてみることをおススメします。紙に書き出すだけで頭の中や心の中がスッキリされます。

「ライフプラン(ニング)」と聞くと人生の中で、いつ、どれくらいのお金がかかるのか、例えば、結婚出産、住宅購入、子供の教育費・・・など人生の一大イベントに対応できるように資金準備をする、といったイメージですがもちろん、それも大切です。

私が提案させていただくのは「どんな人生にしたいのか」という観点でのライフプランを考えてみることです。

夢を盛り込むというか(これとは別に、できるかできないかは抜きにして「夢ノート」を書くのも日常が楽しくなりますよ)

あなたの人生で何を優先させたいのか?仕事(ポジション、転職、副業、キャリアアップ・・・)、家庭(子育て、介護、実家のケア・フォロー・・・)、趣味(自己実現、生きがい、生涯教育・・・)、社会貢献(ボランティア、地域交流・・・)など。

長期のプランだとイメージが湧かなければ向こう3年、5年でもOK。年齢的に可能か、資金的に可能かなどを検討したり、今からでも取り組めそうなことは始めていく。

情報収集なら、とりあえず、今すぐできますよね。

ここで申し上げたいのは、計画を立てて、その計画通りにやってください、という話ではなく、むしろ計画通りなんていきません。予想外のことが起こったりするのは、人生よくあります。

「ライフプランを考えること」は「自分」を知る一助になると思うのです。それが目的です。

その結果、私の結婚相手に「大卒」という条件は必ずしも必要なのか?「年収は○○○万円以上」でないといけないのか、など、お相手に対する希望条件の枠が広がりますし、その分、出会い(チャンス)も多くなるのです。

社会のしがらみや制約からやりたいことを抑圧しているなんてこともあると思いますが、「自分」は本当は何がしたいのか?誰にも代えられない「自分」の人生。

本当に結婚したいのでしょうか?もしかしたら、結婚なんてしたくないのかもしれないですし、結婚したいのなら、どうしてしたいのか?

ご自分の人生で「優先させたい」「大切にしたい」ものを整理する観点から「結婚」を考えてみると婚活が一歩前進すると感じます。

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい