断られてしまう時、考えられること

お見合いで断られることが続く

お見合いは組めている、ということでまずは第一関門は突破できてますね!
でも、その後が続かないのですね。
交際に入れない。原因は2つ「ご縁がなかっただけ」か「もう一回会ってみたい!」とお相手に思わせる何かが欠けていたのかもしれません。

人は、第一印象ですべてが決まると言われています。「見た目9割」なんて言葉を聞いた方も多いのではないでしょうか?
しかし、第一印象は「服装や持ち物、メイク、髪型」だけブラッシュアップすればよい、という意味ではありません。誤解している方も多いかもしれません。

人は「見た目」で判断するのです

「メラビアンの法則」(←わかりやすくまとめられた「モチラボ」さんのサイトをご紹介いたします)ご存知でしょうか?

人は、初めて会った人に対する「好きか嫌いか」の印象は、3~5秒で決まると言われています。お見合いで「遅刻しそうになりダッシュしたため、汗だくで現れる」ということは、お相手へマイナスの印象を与えてしまい、そのお見合いはマイナスからの出発となってしまいます。

初めて会った相手に影響を与える情報のうち55%は「視覚情報(見た目・表情・しぐさ・視線など)」、38%は 「声の質・話す速さ・声の大きさ・口調など」の聴覚情報、「言葉そのものの意味・話の内容など」の言語情報7%と言われています。

このことから、初対面では「話しの内容」よりも「表情や態度」が重要であることがわかります。いくら素敵なスーツを着て「仕事で活躍しているんだ」と彼女にアピールしても店員さんに横柄な態度を取ると彼女から嫌われる、というケースはよくあります。

お見合いから交際になかなか入れない方は、「第一印象」をいかに良くするかのサイトや書物なりを読んで研究なさると良いと思います!

交際までいって断られる場合

婚活ではよくあることです。縁がなかったのです。くれぐれも悲劇のヒロインにならないで下さいね。縁結びの神様が遠のきます。

ただ、「いつも断られてばかりです」という方は、ご自分を振り返ってみましょう。もしかしたら、相手の気持ちに鈍感すぎるのかもしれません。

相手の気持ちに敏感に反応できるかできないかは、コミュニケーション力や感性として持って生まれたものであったり、これまでの人生で培われてきたものでもあると思います。

ある意味、仕方ない部分もありますが、努力で変えられる部分もあると思います。

相手ファーストで

なかなか、お見合いや交際でうまく進展できない方を拝見するたびに思うことは、根本的に考え方が「自分のことしか考えてない」場合が多く、相手の言動に関心がなく、相手の言動から真意を汲み取る努力をしないままきてしまったようです。

相手を思いやる気持ちが欠けていたり、自分本位で相手が嫌がっていることをする。

わからなければお相手に聞けばよいと思います。ただ、聞いたとしても相手がはっきり「嫌だ」と言えない場合もあります。交際期間が浅ければなおのこと、まだ遠慮もありますしね。

最悪なのは「人のせいに」すること

それはその人にも問題がないとは言えませんが、もっと問題なのは「何も言わなかったから問題がないと思ってました」という考え方。また、「仲人さんが教えてくれなかったので」など責任転嫁し始めると、このような方は結婚相手として人様に紹介するには仲人としてはブレーキがかかります。

順調な時は「自分のお陰」、交際解消されたり、婚活がうまくいかなくなると「お相手のせい、仲人のせい」

このような自分中心の思考の方のお世話はできかねますので、退会していただいております。ご自分が正しいのであれば、ご自分でお相手を見つけてご結婚なさるのが良いと思います!

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい