「お客様扱い」の弊害

お客様は神様?!

「お客様は神様です」とは、演歌歌手・三波春夫さんが最初に言った言葉らしいですが、現在、皆さんが解釈している内容とその真意は随分と違うようですね。

『歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払ってまっさらな、澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。ですからお客様は絶対者、神様なのです』(「三波春夫オフィシャルサイト」様より)

「神様の前で歌う」という神聖なお気持ちで藝(※オフィシャルサイトで「芸」の字をで使っておられないのも深い意味があるのでしょう)に向き合っておられ、お客様を神様だと思っておられるわけです。

ところが、「客を」神様のように丁重に扱え、といった間違った解釈が広まってしまい、果てはクレーマーを生み出してしまった訳です。

「サービスを提供する側を見下す」という「勘違い」消費者がはびこってしまいましたね。

コンビニエンスストアの「お弁当を温めますか?」「おしぼりいりますか」「お箸いりますか」は辞めた方が良いと個人的には思います。

他人様に何かを「やってもらって当たり前」という勘違いの人種を増やしてしまうからです。

お世話になる立場のはずなのに

初対面で相手に要求する

婚活業界でも、そのような痛い婚活者さんと時々、出くわします。仲人へ要求する勘違いの痛い婚活女子

このような素行の方は、頂戴するお問合せの電話やメールでかなりの予兆があるので、その時点で失礼させていただいております(ヒマじゃないんです)

「面談は新宿で」と申し上げてるのに「○○(自分の最寄り駅)でやって欲しい」、入会面談の事前に「ホームページの○○と○○はご一読いただけましたか?」と聞くと「読んでません」、挙句の果てには、私に「忙しいので手短に説明して下さい」と言われた時には、開いた口が塞がりませんでした。

このお仕事を始めた頃は、そこを見抜けず、そんな痛い方々の面談をうっかりしてしまったこともあります(今はしません)

お会いしたところで、結婚相手として他の会員さんにはご紹介できないので、お会いしても時間の無駄だからです。実際、その痛い婚活女子さんは、お会計の際にご自身のお茶代までも私に払わせようとしましたね。これにはビックリ。「ご自身の分は、お支払いください」と申し上げましたが。というか、大体、入会面談では婚活希望者さんが仲人の分もお支払いして下さいます。

その一方、親御様に多いですが、お世話になりますからと菓子折り持参で来られる婚活者さんもおられます(※菓子折りは不要です。お気持ちだけありがたく頂戴します)そのような思いやりやお心遣いのできる方は、やはり婚活もスムーズで、お相手様にも気に入られていきます。

話は再び、その痛い婚活女子さん。確かに美人さんでした。

きっと、20代は、モテたのでしょうね。ご馳走してもらって当たり前で通用していたのでしょう。しかし、そのまま歳月が流れ気が付けば40歳間近。

焦って、私のところへ面談以来の連絡をしてきたのに、その言動。苦笑いで帰って参りましたが、貴重な時間を無駄にしてしまった自分が情けなかったですね。

可愛くて許されるのは20代までです。人としての思いやりがない30代、40代は「痛い」だけです。選ばれません、男性から。

自分の都合に他者を合わせようとする

また、お見合いは、「他県の方がわかりやすい駅近のホテルのラウンジや喫茶店で行なっております」と申し上げると、「自分が使う路線の駅直結の百貨店の喫茶店にして下さい」とか、「当会は事務所を持たないから低価格で婚活ができるんですよ。だから、面談は喫茶店で行いますが2人分のお茶代のご負担をお願いします」と申し上げると「どうして仲人さんのお茶代まで払うんですか?」と言った女子も居ましたね。

では、何故、一度も会ったことがないあなたに会うために、私が電車賃やあなたのお茶代まで負担して、あなたの結婚相談の話や身の上話を聞かされないといけないのか教えて欲しいです。

だから、きっと、今までご縁がなかったんだろうな、と妙に納得します。

どうぞ、これからも頑張って婚活してください(よそで)