世田谷の「仲人型」結婚相談所

新型コロナウイルス蔓延に関する当会の婚活に対する考え方

外出禁止

婚活は、どうする?どうなる?

「不要不急」の外出自粛

連日、感染者増加のニュースを拝見し、皆さんも不安のことと思います。
なかなか終息が見えず、長期戦になることを覚悟し今後の様々なことを考えていかなければならないようです。

「不要不急」の定義が、まだ、個人の判断に任されている段階です。
スペインでは、3/28に首相が「3/30~4/9まで医療と食品以外の経済活動は停止」と表明しましたが、日本はどうなるのでしょうか。
ただ、このような時期であっても積極的に出会いを求めたい婚活者さんも少なくないはず。

3密を避けて

新型コロナウイルス感染を防ぐために密集、密着、密閉の「3つの密」を防ぎましょうと言われてますから、合コンやパーティ系の婚活は、今は、控えた方が良いかもしれません。

結婚相談所での婚活~お見合いはどうなる?

お見合いは、基本的に当人同士が1対1で会います。仲人が立ち会う場合でも最初の5分程度です。

これまでに当会では、体調に異変がない限り、予定通りお見合いを実施する会員さんが大半でした。日程調整も大変ですし、延期してもその頃に終息しているかわからないため「今のうちにやってしまおう」と考えた会員さんが多かったようです。

しかし、首都圏の外出自粛要請を受けて、他県から東京への移動も自粛するようにという指示が出た3/28~29の土日は、さすがに会員さんもお見合い延期、私も面談を延期いたしました。

日本仲人協会の見解(ミタがまとめました)

・通常発生するお見合い延期、キャンセルのペナルティは、無しとする
・お見合いをする場合は、体調の悪い時は無理せず、感染予防に留意したうえで実施
・zoomなどのアプリを活用したネットお見合いや交際の推奨

ということで、政府の指示に則っての対応となりますので、「お見合い禁止」などの通達はありません。

というか、婚活している1万名の会員さん達の事情や考えは一律ではありません。

「こんな時期でも、従来通りお見合いをしていきたい」
「なるべく、お見合い日程の調整は、後ろ倒しで調整しよう」
「感染が不安なので、または会社の通達で一切外出不可なんです」など色々なお考えがありますし、それぞれ個々の考え方は尊重されるべきです。

ですので、一律に「お見合い自粛」「お見合い禁止」などの通達は今のところございませんが、状況と政府の出される方針次第で流動的となってしまうことは、ご承知おきください。

ネットの活用

そこで、当会(ブライダルプリエール)では、Zoomを活用したネットお見合いを積極的に推進します。コロナウイルスの感染拡大で外出自粛だけど婚活はできる。

従来も、特に遠距離(関東~関西など)のお見合いの際に、Zoomお見合いは行っておりました。

お相手仲人さんが【ネットお見合い対応】されてることが条件ですが(ミタは対応)「ネットお見合いでも構いません」という会員さんは、釣書の備考欄に「ネットお見合いも積極的にさせていただきます」と付け加えようと思います。

少しでもお見合いを組める可能性を高めたいのです。交際に入れば、ラインやご自身のアカウント作成しZoomで交流を深めると良いですよね。

そして、終息した頃に会う。

アプリは「Zoom」でなくてもSkypeでもラインでもフェイスブックでも何でも結構ですが、お見合いの際は当会は「Zoom」を使います。有料会員にならなくても無料でも機能がかなり充実しております。

私のアカウント(もしくは、お相手仲人のアカウント)を使うので、交際に至らなくても、お相手に連絡先が知られてしまう心配はありません。

上手くいかない人は人のせい、環境のせいにする

「コロナで交際がダメになりました」

そんなことはないと思います。大切な人はコロナでも何でも離さないはず。会えなくても、ラインはできます。

こんなことをいう方って、きっと、コロナじゃなくても環境や時代のせいにするものです。

「結婚したい」では結婚できません。「結婚する」とマインドチェンジした人が結婚してます。

こんな時でも、こんな時だからこそ、結べるご縁があるはずです。まさに、外出自粛のこの土曜日、うちの会員さんがお相手様と指輪を選びにブライダルナビまで行かれました。1カラットの婚約指輪を買っていただいたそうです。うらやましい。

あ、「無理して外出しなさい」という話ではなくて、一番大切なことを優先した、という話です。もちろん、感染防止にお気を付けになられています。

 

外出禁止

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仲人のミタ

nakoudonomita
nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人)
20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。
以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。

双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。

個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。
お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1500人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。