私が仲人になり結婚相談所を運営している理由

20代で結婚してから仲人になるまで

私は、20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれませんでした。

そのため「子どもは授かりますか?」と、当たるという占い師さんを訪ね、あちこち占い巡りをしておりました。
そのうちに、後の師匠となる占い師さんに「あなた、向いてるからやってみなさい」と言われ、時間がたくさんあった私は、姓名判断、九星気学、手相、別の大先生からは四柱推命を学び、結果的に妊娠するまで6年間店舗にて対面鑑定をすることになりました。

占い師に、そして仲人士へ

「占い師」になるなんて、何だか怪しくて、なってみようだなんてそれまで一度も思ったことがありませんでしたから、人生、時と出会い、本当に不思議なものです。

私が拝見した方々は「結婚運を観て欲しい」「夫婦仲を良くしたい」といったご相談が多く、「結婚したいけど相手がいない」という方には、私の知人を紹介しておりましたが、個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し、結婚相手を探し紹介することを始めました。

母になって見えたもの

同時に、不妊治療を経て40歳目前で親になりました。仲人

子どもたちの成長を見る度に、少しでも社会や日本をいい形にして次世代へ引き渡したいという気持ちが芽生えてきました。このようなことを子どもを持つまで、恥ずかしながら考えたこともありませんでした。

具体的には、少子化によって働き手が少なくなり、高齢者の方々が増え、福祉などの社会保障費の増大が子どもたちの肩に大きくのしかかることに危機感を感じたのです。

私の主観ですが、結婚制度は昔から「社会保障制度」の一旦を担ってきたと思います。
一人では病気になるとたちまち生活が立ち行かなくなりますが、伴侶がいれば食べていけます。これだけでも国のお世話になる費用を抑えることができます。

もちろんそれぞれの人生観、価値観は尊重されるべきでありますが、このまま未婚が増え、子どもが生まれなくなると将来の「労働力」が減少し、すべてのサービスが立ち行かなくなるでしょう。身近な例で言えば、ごみの収集、物流、警察、消防や自衛隊など有事や自然災害に対する守りは、お年寄りにはできません。

だから、縁結びをしたい

平安な社会で暮らすには、若くて元気な方々がいないと困るのです。
ですから、子どもの誕生は希望と喜びです。
そのために一組でもご縁をつなぎたい、という想いで結婚相談所を運営しております。

「子どもが生まれました」という便りに接すると仲人冥利に尽きますし、結婚して「今、幸せです」とメッセージをいただくと私も幸せです。

現実、年齢的にお子さんが難しいカップルもたくさんございます。
しかし、単身世帯で生活が困窮し支える人がいなければ福祉のお世話にならざるを得ませんが、伴侶がいればその時期を遅らせることが可能になりますから、それも立派な社会貢献だと言えます。

結婚が決まらないとお金にならない仕事ですが、結婚が決まると皆が幸せになれる素敵なお仕事をさせていただき感謝しております。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

nakoudonomita

北海道出身、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、店舗にて6年間6000名の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをする。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得後、個人事業主として開業。 個人鑑定や占い講座講師の他、「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟。2018年より、1800人いる仲人の中から一定の基準をクリアした「カリスマ仲人士100」に選ばれている。

あわせて読みたい