相手の親へのあいさつ

お相手の親へのあいさつ

交際が始まったらなるべく早めに「お互いの親」にあいさつに行くようにおススメしています。
結婚の気持ちがまだ固まってない段階でも大丈夫。
「今、お付き合いさせていただいております」とお玄関先で失礼して構いません。

お相手の親や家族の様子がわかります。

また、早い段階でのあいさつは、お相手の親に好感を与えますし、安心してふたりの交際を見守っていただけるものです。

とは言っても、緊張しますね。動画を見てレッツゴー!

 

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。