お見合いのお茶代は割り勘?!

結婚相談所によっては、お見合いのお茶代は「割り勘」としているところもあるようですが、当会では、お見合いでのお茶代は「女性の分も含めて男性がお支払いする」きまりにしております。
また、お見合いが初めなどの理由で、少しだけ仲人さんに同席して欲しいとお相手が頼んだ場合には、同席した仲人さんのお茶分まで男性がお支払いします。

お見合いは、結婚式の次に大切な日ですから相応しい場所がいいですね。ザワザワごみごみしたファストフード的なショップよりも、ホテルラウンジがおススメです。

高い?!ホテルラウンジのコーヒー

ホテルラウンジのコーヒーは、一杯1,200~2,000円位します。
「コーヒー1杯がこんなに高いの?」ではなく「コーヒー代」+「雰囲気代」「店員さんのサーブ代」とお考えいただけたらと思います。

つまり、あなたを「素敵に見せる演出料込み」ということです。「飲料代」ではないのですよ。

お見合いは、仲人が立ち会える時は良いのですが、そうでない場合もあります。初対面の二人が迷わずに出会えるために「待ち合わせ場所」は「主要ターミナル駅徒歩5分以内」の「わかりやすい所で」と仲人間の取り決めがあるため、一般的に「ホテル」を「待ち合わせ場所」とすることが多いです。

しかしながら、あくまでも「待ち合わせ場所」ですので、そこからホテルの外の喫茶店へお二人で移動しても良いですが、ヒールを履いた女性を歩き回らせるのも酷ですので、ホテル内ラウンジでそのまま「お見合い」をする方がスマートです。ホテルのコーヒーは高いです

ホテルのラウンジは、天井が高く、ゆったりとしたソファ、黒服の店員さんが案内して下さいます。将来の伴侶となるかもしれない二人の初対面の場所としては申し分ないでしょう。

値段を見るなり「ちょっと、高いからよそへ」など言い出す男性はNGです。

また、支払い時に、割り勘を提案したり、自分の分だけ支払って先に出てきてしまったり・・・なんてことがないように「お見合いのお茶代は婚活の経費として当然だ」とご理解ください。

また、女性も勝手にケーキセットなど注文しないで下さいね。そして、お会計の後は、男性に御礼をお忘れなく。

ホテルラウンジが混んでいたらどうする?

ホテルは、お見合いの方々だけが利用するのではなく、婚礼や会合などで混雑することも多々あります。二人の時間に余裕があれば、受付を済まし案内されるまで待つのも良いですが、その後に予定があったりして待てない場合は、ホテルの外のカフェを探しましょう。

そういうことも想定して、待ち合わせ場所近くのカフェをいくつか把握しておくのも男性が女性に頼もしい一面をお見せするチャンスです。

私のお勧めは「ルノアール」です。コーヒーは700円弱で隣の席との間隔があり、ソファです(そうでない店舗もあります)新宿駅周辺には、ルノアールも何店舗もありますからホテルから迷わずに行けるようにリサーチをしておいてくださいね。