婚活の話は「結婚に肯定的」な方に相談しましょう

婚活の相談相手は誰にしてますか?

婚活はお相手があること。思うようにいきません。ですから、時には誰かに婚活の悩みを聞いてもらいたくなるもの。しかし、何事もそうですが、相談相手を間違えると損をしますね。昔から「餅は餅屋」とは言ったものです。

外的な悩み

婚活においてもメイクに関しては、美容部員やエステ関係のお仕事経験者だった場合は別として、一般的に仲人はメイクの専門的知識は持ち合わせておりません。大きな結婚相談所では「ビューティーアドバイザー」がおられる場合もあります。

そうでない場合は、百貨店のお化粧品売り場で美容部員さんに相談なさると、メイクの仕方を教えてくれたり(空いてる時はメイクしてくださることも)自分に合う商品を教えてくれます。

ファッションに関しては、店員さんに聞く。
予算と用途(お見合いに、デートに、あちらの親にあいさつに行くために、など)を相談すれば教えて下さいます。こちらもなるべく空いている時に聞いた方が、親切に対応していただけます。

そうすれば、わざわざ「婚活メイク講座」「婚活ファッション講座」に行かなくても済みますよ。もちろん、行きたい方、予算の許す方はどんどん活用されたら良いと思います。

内的な悩み

精神的な面で相談したい時。
婚活は、お相手があることですので思うようにいきませんし(それが当たり前だ、くらいに思っていただくのが一番良い)見通しが立たないことで婚活疲れを招きます。

しかし、ここで「物事を悲観的に見る方」や「悪意にとらえる方」に相談してしまうと、あなたの気持ちや考え方まで「悪い方へ悪い方へ」と考えるようになり、行動も消極的になったり相手に対して疑い深くなったりして、マイナス的結果になりがちです。

また、「結婚なんてコリゴリ」という離婚歴のある方(再婚希望のある方はOK)やバリバリのキャリアをお持ちで「一人で生きていきます」という方など「結婚そのものに必要性を感じていない」方に相談なさると「否定的なアドバイス」が返ってくる可能性が高いです。

せっかく「婚活を頑張ろう」と思っていたこちらのやる気が萎えてしまいます。
独身だからって皆さんが皆さん、結婚に前向きな訳ではないのですよね。
「人を信じられない」「男性(女性)不信」の方も同様に相談したところで「今さら結婚したいの?」「人に頼って生きるなんて(あり得ない)」など言われるのがオチです。

この世の中には、色々な考え方の方がいますからね。いろいろな人

婚活に限らず「はつらつとしている人」「いつも笑顔の人」「元気をもらえる人」を探して、普段からそのような方とお付き合いした方がプラスになります。

婚活のモチベーションを下げないために

普段から「誰と付き合うか」ということにまで気を付けた方が、ご自身のモチベーションを下げたり、将来を悲観するといった「婚活疲れ」から自分自身を守ることが出来ます。

余談ですが、私も「なぜ、同性婚を扱わないのですか?多様なニーズに対応すべきではないですか」と言われたことがあります。

私は、LGBTの方々のニーズに応えるために結婚相談所を始めた訳ではありません。
そのニーズに応える相談所は都内にありますので、そちらでご相談なさることをお薦めいたしました。相談先を間違えると気持ちも時間もロスしちゃいますね。

「お見合いがなかなか組めない」「交際して数か月たつけど決めかねる」など出会いからお見合い、交際中の色々、プロポーズのタイミング、成婚後の流れは、仲人がプロですから、そこは遠慮しないでどんどん聞いてくださいね。
皆さん、40歳前後の大人ですから仲人であっても私から「どうしたの?」「大丈夫?」などちょこちょこ連絡は致しません。

以前、会員さんに良かれと思ってちょこちょこ連絡を入れたことがプレッシャーを与えてしまったようでお辞めになられたことがありました。

ですので、基本的に皆さんから相談してきてくださいね!
あなたの「結婚したい」「結婚するぞ」というお気持ちを実らせて参りましょうね。

 

世田谷ブライダルプリエールは、結婚したいあなたを応援します

 

nakoudonomita

北海道出身、九州、大阪在住の後、現在は世田谷にて結婚相談所を運営する婚活アドバイザー(仲人) 20代後半で結婚したものの10年間子宝に恵まれず、占い巡りをしていた際にスカウトされ、姓名判断・手相・九星気学・四柱推命を学ぶ。 以来、6000名以上の運勢鑑定、赤ちゃんの名づけをし対面鑑定歴は6年に及ぶ。 双子の妊娠と高齢出産のため、一時中断。家から出られない期間、保育士資格を取得。 育児とのバランスを見ながら徐々に運勢鑑定業を再開、 「結婚したいけど相手がいない」というご相談者には、知人を紹介しカップリングを手掛ける。 お相手を紹介するにも個人では限界があるため「日本仲人協会」に加盟し現在は、結婚相談業にも力を入れている。

あわせて読みたい